聖書は死についてなんと教えているか 前編

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

ハーベスト月例会メッセージ
2002年9月
前編 (61分)
<イントロ>
Ⅰ.死後の救いについて

Ⅱ.聖書が教える死
  1.死の意味

聖書は死についてなんと教えているか

イントロ
(1)1891 年、Charles Augustus Briggs,Union Theological Seminary (NY)

*真理の源:聖書、教会、理性
*旧約聖書の預言は成就しなかったばかりか、反対のことも起こっている。
*モーセの五書の著者がモーセであるかどうか疑問。
*イザヤ書の統一性
*救われないで死んだ人に第二のチャンス
*聖化は死で完成しない。

 

(2)1920 年、モダニスト(リベラル)対ファンダメンタリストの論争

*聖書の霊感
*処女降誕
*イエスの身代わりの死
*復活
*奇跡

 

(3)1940 年代、エキュメニカル運動

 

(4)第 2 バチカン公会議(1962~65)

 

 

(5)日本の福音派の中の「死後に救いはあるか?」という論争

 

*クリスチャンの死生観の変化の可能性
*礼拝や祈りの変質の可能性
*背水の陣で行ってきた伝道への影響
*聖書の読み方の変質(恣意的、主観的)

 

Ⅰ.死後の救いについて
1.陰府(シェオル)の理解

*ルカ 16:19~31「アブラハムのふところ」と「苦しみの場所」
*イエスの召天により「アブラハムのふところ」は天に上げられた。「パラダイス」
*最終状態は、聖なるエルサレムか地獄(ゲヘナ)である。
*陰府は「留置場」ではない。

 

2.ピリピ 2:10~11

3.黙示録 5:13

*ともに文脈上の問題がある。
*「地の下にあるもの」、「地の下のあらゆる造られたもの」とは陰府の死者か。
*仮にそうだとしても、礼拝をすることが救われていることを意味しない。
*最大の問題は、聖書釈義の原則を無視している点である。

 

4.Ⅰペテロ 3:19

*陰府に下ったと書かれていない。
*ノアを通してキリストが宣教したとも解釈できる。
*ここでも、聖書釈義の原則を無視している。

 

5.黙示録 20:12~15 白い御座のさばき

*数々の書物と、「いのちの書」
*キリストを信じないで死ぬと、「いのちの書」から名が消される。
*これは、「小羊のいのちの書」とは異なる。13:8、21:27
*裁きにも程度がある。

 

Ⅱ.聖書が教える死
1.死の意味
(1)分離
  ルカ 16:19~31 三人とも意識がある。
  すべてアダムから始まっている。
  創造主との分離(霊的死)
  肉体と魂の分離(肉体的死)
  創造主との永遠の分離(第二の死)
  最初の 2 つには解決の方法があるが、最後のものにはない。

 

「テーマメッセージ」一覧へ

週間アクセスランキング

1

ルカの福音書(36)イエスに仕える女たち8:1~3

2

パートⅡ.旧約時代10章 カナン定住と士師記の時代

3

ルカの福音書(35)罪深い女による油注ぎ7:36~50

4

Q305どうしたら習慣的な罪から解放されますか。

5

60分でわかる旧約聖書(22)雅歌

6

使徒の働き(29)―エチオピア人の宦官の救い―

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.