Loading...

使徒の働き(27)―サマリヤ人伝道(1)―

  • 2018.09.03
  • 使徒の働き8:5~13
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

ピリポのサマリヤ人伝道について学ぶ。

関連テーマ

テーマを全て見る

関連キーワード

キーワードを全て見る

「サマリヤ人伝道(1)」

使徒8513

 

1.はじめに

1)ステパノの死をきっかけに、エルサレムの教会に対する激しい迫害が起こった。

①使徒たち以外の者はみな、ユダヤとサマリヤの諸地方に散らされた。

②サウロは、教会への迫害を始めた。

③使84

Act8:4 他方、散らされた人たちは、みことばを宣べながら、巡り歩いた。 

④イエスが「種を蒔く人」のたとえ話の中で語っておられた状況が訪れた。

⑤ピリポは、2つの民族的なバウンダリーを越えて行く。

*大きなバウンダリーは、サマリヤ人との間にあったものである。

*小さなバウンダリーは、エチオピア人の改宗者との間にあったものである。

 

2)「サマリヤ人伝道」のアウトライン

①ピリポの伝道(58節)

②魔術師シモンの信仰(913節)

③ペテロとヨハネの訪問(1417節)

④魔術師シモンの罪(1825節)

 

2.アウトライン

1)ピリポの伝道(58節)

2)魔術師シモンの信仰(913節)

 

結論

1)サマリヤ人とユダヤ人の敵対の歴史

2)神のマスタープラン

 

ピリポのサマリヤ人伝道について学ぶ。

Ⅰ.ピリポの伝道(58節)

1.5

Act8:5 ピリポはサマリヤの町に下って行き、人々にキリストを宣べ伝えた。 

1)このピリポは、使徒ピリポではなく、7人の世話役のひとりである(使65)。

①世話役のリストでは、ステパノに続いて2番目にその名が出て来る。

②ヘレニストのユダヤ人。ヘブライストのユダヤ人よりも開放的。

③ステパノ同様、伝道者の賜物が与えられていた。

④使徒たちの近くにおり、使徒たちから権威を委譲されていた(使66)。

Act6:6 この人たちを使徒たちの前に立たせた。そこで使徒たちは祈って、手を彼らの上に置いた。 

 

2「サマリヤの町に下って行き、」

①エルサレムからサマリヤまでは、地形的に下りである。

②サマリヤの町

*旧約聖書のサマリヤ(セバステ)ではない(当時はギリシア人の町)。

*ネアポリス(シェケム)である。

*シェケムは、サマリヤ人の信仰の中心地になっていた。

③当時、ユダヤ人とサマリヤ人は敵対関係にあった。

 

3「人々にキリストを宣べ伝えた」

①ピリポのメッセージの中心は、キリストであった。

②キリストは、サマリヤの町ではすでに知られていた。

 

2.67

Act8:6 群衆はピリポの話を聞き、その行っていたしるしを見て、みなそろって、彼の語ることに耳を傾けた。 

Act8:7 汚れた霊につかれた多くの人たちからは、その霊が大声で叫んで出て行くし、多くの中風の者や足のなえた者は直ったからである。 

1)ピリポの伝道には、超自然的な現象がともなった。

①しるしは、基本的には使徒たちの奉仕に伴う祝福である。

*ステパノとピリポは、使徒たちから権威の委譲を受けていた。

*神は、しるしをもってピリポが語る内容を保証された。

②群衆は、ピリポが行うしるしには説得力があると感じた。

*奇跡はないという前提的真理に立っている人には、この箇所は信じ難い。

 

2)しるしの内容

①悪霊が出て行った。

②多くの中風の者や足のなえた者が直った。

③使243と同じパターンである。

Act2:43 そして、一同の心に恐れが生じ、使徒たちによって多くの不思議としるしが行われた。 

④使3910とも同じである。

Act3:9 人々はみな、彼が歩きながら、神を賛美しているのを見た。 

Act3:10 そして、これが、施しを求めるために宮の「美しの門」にすわっていた男だとわかると、この人の身に起こったことに驚き、あきれた。 

 

3.8

Act8:8 それでその町に大きな喜びが起こった。

1)福音は、人々に大きな喜びをもたらす。

①使24647

Act2:46 そして毎日、心を一つにして宮に集まり、家でパンを裂き、喜びと真心をもって食事をともにし、 

Act2:47 神を賛美し、すべての民に好意を持たれた。主も毎日救われる人々を仲間に加えてくださった。 

 

 

Ⅱ.魔術師シモンの信仰(913節)

1.9

Act8:9 ところが、この町にシモンという人がいた。彼は以前からこの町で魔術を行って、サマリヤの人々を驚かし、自分は偉大な者だと話していた。 

1)シモンは魔術師である。

①ピリポは神の力で、シモンは悪霊の力で動いていた。

②人々を驚かすことが、彼のゴールである。

③自称「偉大な者」(somegreatone

 

2)シモンに関する種々の伝承

①グノーシス主義の創始者

②ローマに行って、キリスト教の教理を曲げた(最初の異端を作り出した)。

③ペテロと奇跡コンテストを演じ、敗れた。

 

2.1011

Act8:10 小さな者から大きな者に至るまで、あらゆる人々が彼に関心を抱き、「この人こそ、大能と呼ばれる、神の力だ」と言っていた。 

Act8:11 人々が彼に関心を抱いたのは、長い間、その魔術に驚かされていたからである。 

1「この人こそ、大能と呼ばれる、神の力だ」

①サマリヤ人たちは、シモンに欺かれていた。

②人々が、シモンは神性を有していると考えたかどうかは明らかではない。

*少なくとも人々は、シモンは「神の力」の化身であると考えていた。

③一番の問題は、シモンがそのような賞賛を喜んで受け取っていたことである。

 

3.12

Act8:12 しかし、ピリポが神の国とイエス・キリストの御名について宣べるのを信じた彼らは、男も女もバプテスマを受けた。 

1「神の国とイエス・キリストの御名」

「神の国」とは、メシア的王国(千年王国)のことである。

*使13

Act1:3 イエスは苦しみを受けた後、四十日の間、彼らに現れて、神の国のことを語り、数多くの確かな証拠をもって、ご自分が生きていることを使徒たちに示された。

*使16

Act1:6 そこで、彼らは、いっしょに集まったとき、イエスにこう尋ねた。「主よ。今こそ、イスラエルのために国を再興してくださるのですか。」 

「イエス・キリストの御名について宣べる」

*イエス・キリストは神の国の王であるというメッセージ

③ピリポが伝えたメッセージの内容

*イエス・キリストは、今栄光の座に着いておられる。

*サマリヤ人も、イエスを信じることでメシア的王国の市民となれる。

2)シモンの働きとピリポの働きの対比

①シモンは、悪霊の力によって関心を自分に集め、人々を驚かせた。

②ピリポは、神の力によって関心をイエスに向け、人々を回心に導いた。

 

3「男も女もバプテスマを受けた」

①信じた証しとして、洗礼を受けた。

②すでに割礼を受けていたので、洗礼だけでユダヤ教に改宗することができた。

③このようなことは、普通は起こらない。

④サマリヤ人にとっては、ユダヤ人のメシアを信じるのは、裏切り行為である。

⑤ユダヤ人にとっては、サマリヤ人も救われると教えるのは、裏切り行為である。

⑥ステパノは、福音の普遍性を論じたために迫害された。

⑦ピリポも同じ神学的危険を犯したのである。

 

4.13

Act8:13 シモン自身も信じて、バプテスマを受け、いつもピリポについていた。そして、しるしとすばらしい奇蹟が行われるのを見て、驚いていた。 

1)シモン自身も信じて、バプテスマを受けた。

①シモンが救われたのかどうか、断定することはできない。

*その後の展開を見ると、その信仰が真実なものとは思えない。

②彼は、ピリポに付き従うようになった。

*その姿は、これまでシモンに従っていた人々に大きな影響を与えた。

 

2「しるしとすばらしい奇蹟が行われるのを見て、驚いていた」

①ユダヤ教は、魔術師が悪魔の力によって奇跡を行うことを認めていた。

②しかし、魔術師が発揮する力は、限定的なものであった。

③シモンは、ピリポが発揮する神の力の素晴らしさに驚いていた。

 

5.サマリヤ人の救いを教会が認定するかどうかという問題が残っている。

1)次回、その問題を取り上げる。

 

結論

1.サマリヤ人とユダヤ人の敵対の歴史

1)アッシリヤ捕囚直後

①北王国の人々の中で、約束の地に留まることを許された人たちがいた。

②アッシリヤは、異民族をサマリヤの町々に住まわせた。

③やがて雑婚により、サマリヤ人と呼ばれる人たちが出現した。

2172529の説明

*異民族たちは、その地で偶像礼拝を始めた。

*【主】は獅子を送り、彼らを罰した。

*彼らは、アッシリヤの王に助けを求めた。

*捕囚になっていた祭司がベテルに来て、【主】を礼拝する方法を教えた。

*それでも、それぞれの民はめいめい自分たちの神々を礼拝した。

 

2)サマリヤ宗教の誕生

①サマリヤ人たちは、ヤハウェ礼拝と偶像礼拝を混合させた。

②これが、サマリヤ宗教(Samaritanism)と呼ばれるものである。

③サマリヤ宗教の特徴

*唯一の神を礼拝する。

*モーセを敬う(モーセの五書だけを受け入れる)

*安息日を守り、割礼を実行する。

④ユダヤ人から見れば、これは異端である。

⑤ユダヤ人たちは、サマリヤ人とは交流しなかった。

 

3)捕囚から帰還後

①サマリヤ人たちは、神殿建設への参加を申し出たが、断られた。

②そこで彼らは、あらゆる手段を講じて工事を妨害した。

③ユダヤ人たちは、ゲリジム山にあった神殿を破壊した。

④サマリヤ人たちは、夜中に死体数体を神殿に運び込み、敵討ちをした。

⑤紀元1世紀には、両者の関係は最悪の状態にあった。

 

4)そのバウンダリーを、ピリポが越えたのである。

 

2.神のマスタープラン

1)イエスによるサマリヤ人伝道(ヨハ4742

①サマリヤの女が回心する。

②サマリヤの女が伝道者になる。

③ヨハ442

Joh4:42 そして彼らはその女に言った。「もう私たちは、あなたが話したことによって信じているのではありません。自分で聞いて、この方がほんとうに世の救い主だと知っているのです。」 

 

210人のツァラアト患者の癒し(ルカ171518

①感謝するために戻って来たのは、ひとりのサマリヤ人だけであった。

 

3)イエスの宣教命令(使18

Act1:8 しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」 

①エルサレムとユダヤ(ユダヤ人伝道)

②サマリヤの全土(サマリヤ伝道)

③地の果て(異邦人伝道)

*①と②の間にあるバウンダリーを越えるのは、ピリポである。

*②と③の間にあるバウンダリーを越えるのは、ペテロである。

 

4)イエスは、神と罪人の間にあるバウンダリーを越えて下さった。

①私たちも、「神の国とイエス・キリストの御名について」宣べ伝えるのである。

Act8:12 しかし、ピリポが神の国とイエス・キリストの御名について宣べるのを信じた彼らは、男も女もバプテスマを受けた。 

週間アクセスランキング

1

使徒の働き(75)―マケドニアとアカヤ再訪―

2

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

3

使徒の働き(74)―エペソでの騒動―

4

「イエスとアブラハム契約」中川洋

5

60分でわかる旧約聖書(24)エレミヤ書

6

60分でわかる旧約聖書(23)イザヤ書

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.