Q.128 救いの兜とは何ですか。

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

まず、このご質問の意味がよくわからない!という方も多いかもしれません。救いの兜とは、エペソ人への手紙6章10節以降でパウロが語っている、霊的戦いに必要な6つの「神の武具」のうちの一つです。質問者さんは、なぜ救いが頭を守るのか?というところがどうも腑に落ちないそう。

 

興味深いのは、「神の武具」のほとんどが、攻撃ではなく防御のためのものだというところです。さっそく解説をご覧ください。

Q. 質問

Q:霊の戦いの武具で、5つは納得できます。でも、「救いのかぶと」がどうしてもイメージできません。なぜ、「救いのかぶと」があるのでしょう。救いが、頭を守るように思えず、どうしても体得できません。

追伸:洗礼を受けていないだけで、自分はクリスチャンだと思っていますが・・・。

A. 回答

A:この質問は、エペソ人への手紙6章10節以降の内容に関するものです。パウロは、霊的戦いに必要な「神の武具」について語っています。合計6つの武具が列挙されています。
①腰には真理の帯、
②胸には正義の胸当て、
③足には平和の福音の備え、
④信仰の大盾、
⑤救いのかぶと、
⑥御霊の与える剣である神のことば。

質問された方は、5番目の「救いのかぶと」が理解できないと言われます。では、いつものように3つ申し上げます。

1番目に、6つの武具は、霊的戦いに勝利する方法を教えるための比喩的言葉です。

パウロは、当時ローマ兵が着用していた武具を例に取って、霊的戦いにおいて有効な方法を説明しています。
これは比喩的言葉ですから、ひとつひとつの武具を定義し、その役割を論じても、あまり意味がありません。

2番目に、6つの武具のほとんどが防御的なものです。

6番目の「御霊の与える剣である神のことば」だけが例外で、攻撃的武器です。

よく見ると、6つの武器のすべてが「神のことば」と関係していることが分かります。
つまり、6つの武器の根源は「神のことば」なのです。要約すると、
霊的戦いに勝利する秘訣は、「神のことば」への信頼だということです。

3番目に、「救いのかぶと」は、特に激しい戦いを想定して用いられている言葉です。

当時の常識ですが、鉄製のかぶとは、頭に被ると重くて暑いので、
非常に不愉快になります。
そのため、兵士は普段はかぶとを被っていません。激しい戦いに直面した時にだけ、
かぶとを被ります。

かぶとは、「安全」や「安心」を象徴しています。クリスチャンにとっては、
救いの確信はかぶとのようなもので、魂に平安を与えてくれます。

最後にひとこと。「福音の三要素」を受け入れ、キリストに信頼を置いたなら、
その人は救われています。キリストへの従順を示すために、
次の2点を実行されることをお勧めします。
 ①洗礼を受ける。
 ②信者の群れに参加し、定期的に礼拝を捧げる。

参考になる聖句

「しかし、私たちは昼の者なので、信仰と愛を胸当てとして着け、救いの望みをかぶととしてかぶって、慎み深くしていましょう」(1テモ5:8)

 「救いのかぶと」とは、魂に平安をもたらしてくれる救いの確信のことです。

週間アクセスランキング

1

#022 感謝するアメリカ人 米国の現在地 2021.11.29

2

ルカの福音書(7)ザカリヤの賛歌1:67~80

3

#023 日本語訳聖書は信頼できるか KJV オンリー運動への回答 2021.12.6

4

ルカの福音書(5)マリアの賛歌1:46~56

5

ルカの福音書(6)ヨハネの誕生1:57~66

6

ルカの福音書(3)イエス誕生の告知1:26~38

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.