Q.89 先祖の救いについてどう考えればいいですか。

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

愛する家族がいれば、そして自分が信仰を持てば、当然考えてしまうこの問題。自分の救いは、誰かの救いにつながるのでしょうか?

 

この大変多くいただくご質問への回答を通し、救いとはどんなものかがはっきり分かる定義や死後の世界のこと、神の義など、大切なポイントがおさらいできます。

Q. 質問

Q:私が救われている場合、先祖は救われるのでしょうか。日本人にとって先祖はとても大切です。どう解決したら良いのでしょう。ご教授ください。

A. 回答

A:確かにこれは、切実な問題です。いつものようにいつものように3つ申し上げます。

1 .私が救われているという事実によって、他の人が救われることはありません。

 (1)ひとりひとりが、自らの救いを得る必要があります。

 (2)救われる方法は、信仰と恵みによります。

 (3)福音の三要素が信仰の内容です。

2 .すでに死んだ人に関しては、神にお任せすべきです。

 (1)人は、自分に与えられている光の量によって裁かれます。

 (2)その光に応答して真剣に神を求めるなら、神はその人を救いに導かれます。

 (3)神は愛と義の原則で対応されますので、私たちもその判断に満足することでしょう。

3 .今の感覚を基に、永遠の世界を判断してはなりません。

 (1)自分は天国に行ったとしても、地獄で苦しんでいる先祖がいるのに、そこでの生活を楽しめるはずがないと考えるのは、早計です。

 (2)神は私たちの涙をぬぐってくださいます。

 (3)私たちの判断は神の判断と完全に一致するようになります。

 (4)先祖の記憶さえも、神の御手に握られています。

参考になる聖句

「パラダイスに引き上げられて、人間には語ることを許されていない、口に出すことのできないことばを聞いたことを知っています」 (2コリ12:4)

先祖がどうなっているかは、神に委ねるのが最善です。

週間アクセスランキング

1

申命記(32)7年目の解放15:1~18

2

申命記(31)聖なる生き方を教える律法 14:1~29

3

60分でわかる新約聖書(23)ヨハネの手紙第一

4

メシアの生涯(207)—復活(5)—

5

メシアの生涯(206)—復活(4)—

6

申命記(30)偶像礼拝に対する警告12:29~13:18

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.