ダビデの戦略から学ぶ

  • 2005.09.06
  • 第2サムエル記5章:17〜25
  • スピーカー 中川健一
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

ダビデの生涯を通して、落胆に打ち勝つ方法を学ぶ。

「ダビデの戦略から学ぶ」

Ⅱサムエル5:17~25

イントロ:

1.落胆する人と、しない人

(1) 現実的な「前提」を持っているか、いないか。

(2) 人生全体を貫く世界観を持っているか、いないか。

2.米国での体験

(1) セレブレーションに予定されていたゲストが来られなくなった。

(2) 千葉テレビの放映中止。

(3) いくつかのことを認識した。

1. 落胆

2. 問いかけと叫び

3. 新しい幻と力

4. 人生とは戦いの連続である。これが「主の戦い」であることを認識。

3.聖書は不思議な書である。ある日突然、特定の箇所が迫ってくる。

TS: ダビデの戦略から学ぶ

1.戦争の背景

(1) ダビデの王権が栄える。これは、イスラエルの民を祝福するため。

(2) ダビデが王位に就いてから、ペリシテ人が攻撃してきた。目標は、エルサレム。

(3) このパターンは、主イエスの公生涯にも見える。荒野の試み。

(4) クリスチャン生活にも、同じパターンが再現される。

(5) 一度ではなく、二度も三度もやってくる。

2.第一回目の戦い

(1) サウルとダビデの間には、大きな相違があった。ダビデは主の臨在を求める。

ペリシテ人はそれを知らない。

(2) ダビデはレファイムの谷の要害に立てこもり、主の御旨を求める。

(3) ダビデの問い。

(4) 主からの答え。

(5) 圧倒的な勝利。

Ⅰサムエル4章では、神の箱が奪われた。その逆が起こっている。

3.第二回目の戦い

(1) 再度、同じような戦いが起こる。

(2) ダビデは、同じ戦略を用いていない。

例話:番組、メッセージ、聖地旅行で同じことをしない。

 清められた手抜き。方策ではなく、主の臨在が勝利をもたらす。

(3) ダビデの問い。

(4) 主からの答え。

「バルサム樹の林の上から後進の音が聞こえたら、その時、あなたは攻め上れ」

(5) 主の軍勢が先に立って進んでいる。

(6) 圧倒的な勝利。

結論:

1.人生は主の戦いである。

2.攻めるに時があり、待つに時がある。

「単発テーマメッセージ」一覧へ

週間アクセスランキング

1

申命記(32)7年目の解放15:1~18

2

申命記(31)聖なる生き方を教える律法 14:1~29

3

60分でわかる新約聖書(23)ヨハネの手紙第一

4

メシアの生涯(207)—復活(5)—

5

メシアの生涯(206)—復活(4)—

6

申命記(30)偶像礼拝に対する警告12:29~13:18

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.