Loading...

信仰は誰のためか〜聖書を読み解くキーワード:〈神の栄光〉〜後編

  • 2007.10.09
  • スピーカー 中川健一
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

「信仰は誰のためか」

~ 聖書を読み解くキーワード:神の栄光(後編)~

イントロ:

1.問題意識

(1)アモス8:11 「主のことばを聞くことのききん」

(2)神中心に聖書を読むとは、どういうことか。

(3)「人類の救い」でなく「神の栄光」というキーワードで聖書を読み解く。

2.復習

(1)エデンの園

(2)旧約聖書

*シャカイナグローリー

*幕屋(神殿)に宿るシャカイナグローリー

*エゼキエルの時代にシャカイナグローリーは去った。

(3)新約聖書

*イエスはシャカイナグローリーそのものである。

*イエスの死の本質は父なる神(シャカイナグローリー)との断絶。

*神殿の垂れ幕が二つに裂けた。

*昇天の意味は重要である。

ヘブル7:24、25 大祭司イエス。

エペソ2:5、6 天の所に座らせてくださった。

3.アウトライン

(1)教会時代

(2)大患難時代

(3)千年王国

(4)新しい天と新しい地

「神の栄光」は聖書を読み解くキーワードである。

Ⅰ.教会時代

 1.教会時代とは

(1)イエスの死以前は、「律法の時代」

(2)イエスの死によって、「恵みの時代」が始まった。

(3)終末論は、「恵みの時代」から始まる。

(4)「恵みの時代」は、「教会時代」と「大患難時代(7年間)」に分かれる。

 2.教会時代は、ペンテコステ(五旬節)に始まった。

  (1)使徒2章のシャカイナグローリー

①激しい風

②炎のような舌

(2)3千人ほどが弟子に加えられた。

 3.異邦人のための使徒パウロの改心

(1)使徒9章のシャカイナグローリー

①天からの光

②使徒22:6 天からまばゆい光が私の回りを照らした。

③使徒26:13 太陽よりも明るく輝いて…。

(2)盲目になったパウロ

(3)目からうろこのようなものが落ちて、目が見えるようになった。

 4.携挙

(1)エルサレムが滅びて(70年)以降、いつ携挙が来てもおかしくない状況にある。

(2)Ⅰテサロニケ4:16~17

①号令、御使いのかしらの声、神のラッパの響き

②主が天から下って来られる。

③第一の復活の2番目が起こる(教会時代の聖徒の復活)。

(3)黙示録4:1~11

①7つの封印が開かれる前の状態(大患難時代が起こる前)

②白い衣を着て、金の冠を頭にかぶった24人の長老たち

③「白い衣」とは、罪赦された状態

④24は象徴的数字(Ⅰ歴代24章、ダビデによる祭祀の組分け)

⑤教会全体を指す。大患難時代の前に教会は天に上げられている。

⑥御座からいなずまと雷鳴。7つのともしび。

⑦父から受けた冠を御座の前に投げ出している。

Ⅱ.大患難時代

1.名称

(1)主の日、ヤコブの苦しみの時(エレミヤ30:7)、ダニエルの70週目(9:27)

(2)黙示録では、試練の時(3:10)、御怒りの大いなる日(6:7)。

 2.期間は7年

(1)前半の3年半

(2)後半の3年半

(3)始まりは、ユダヤ人が反キリストと契約を結ぶ時。1948年以降それが可能。

 3.目的

(1)邪悪な行為、邪悪な者を一掃する。

(2)世界大のリバイバルを来たらせる。144,000人は、この時代に救われるユダヤ人。

(3)イスラエルの民の頑なな心を打ち壊す。

 4.内容

(1)7つの封印

(2)7番目の封印は、「7つのラッパの裁き」

(3)7番目のラッパは、「7つの鉢の裁き」

 5.ハルマゲドンの戦いと再臨

(1)第6番目の鉢がぶちまけられた時、東の王たちがハルマゲドンに集結。

(2)再臨の前提は、ユダヤ人の悔い改め(ゼカリヤ12:10)

(3)実際の戦いは、ヨルダンのペトラ(ボズラ)にて(イザヤ34:6、63:1)

(4)第7番目の鉢がぶちまけられた時、キリストがオリーブ山に立つ。

(5)エルサレムは三つに裂かれる。地形の変化あり。

(6)大淫婦(背教の教会)と大バビロン(政治、経済)の滅び。

Ⅲ.千年王国(メシア的王国)

1.小羊の婚姻(marriage黙示録19:7)と、小羊の婚宴(marriage supper9節)の違いについて

(1)ユダヤ式結婚式。婚約。クリスチャンはすでに小羊と婚約した状態にある。

(2)花婿が花嫁の家に行き、自分の家に連れ帰る。携挙。

(3)それから婚姻(婚礼)を行う。天においてそれが行われる。

(4)最後に婚宴。地上において招待客を呼んで行われる。

①旧約時代の聖徒

②バプテスマのヨハネ

③大患難時代の聖徒

④彼らは、第一の復活の第3番目となる。

(5)小羊の婚宴が、千年王国の開始を告げるものとなる。

 2.千年王国の状態

(1)サタン、反キリスト(獣)、偽預言者の滅び(悪の三位一体)

①サタンは「底知れぬ所」で千年間縛られたままになる。

②反キリストと偽預言者は、「硫黄の燃えている火の池」に投げ込まれる。

③悪の影響がないので、より理想に近い環境となる。

(2)イエスが王である。

(3)教会時代の聖徒たちは、多くの座にすわり、裁きを行う。

(4)大患難時代の殉教者たちも、キリストとともに千年王国の間王となる。

(5)旧約時代の聖徒たちも、よみがえっている。

(6)信者でない人々の復活は千年王国の終わりに起こる(第2の復活)。

(7)千年王国の神殿(エゼキエル40~48章)

①いけにえ:キリストの犠牲を記憶し、記念するもの。

②43:4~5 シャカイナグローリーの神殿への帰還

3.解き放たれるサタン

(1)罪が完全になくなるわけではない。

(2)千年王国の終わりに、不信仰な人々が増加する。

(3)彼らを試すために、サタンが解き放たれる。

(4)世界大の戦争(黙示録20:7~10)

(5)サタンの滅び。反キリスト、偽預言者とともに「火と硫黄の池」に投げ込まれる。

 4.白い御座の裁き

(1)新しい天と新しい地が出現する前の準備。

(2)キリストが御座に着き、あらゆる時代の不信者たちが裁かれる。第二の復活。

(3)「数々の書物」:各人の行いが記録された書物。

(4)「いのちの書」:誕生したすべての人の名が記されている。

(5)罪人の名が「いのちの書」から消されていることを確認し、「数々の書物」に
基づいて裁きが行われる。裁きには軽重がある。

(6)「小羊のいのちの書」:信者の名が記されている。裁かれない。

(7)不信者は、「火の池」に投げ込まれる(ハデスの苦しみの場所は消滅)。

Ⅳ.新しい天と新しい地

1.旧約聖書のクライマックスは千年王国

2.その先を預言しているのが、黙示録21~22章。

3.「以前の天と地」は滅び、「新しい天と新しい地」が創造される。

(1)その中に「新しいエルサレム」が据えられる。

(2)天から下ってくる(すでに存在している。ガラテヤ4:26)。

(3)アブラハムが求めていた(ヘブル11:9~10)。

(4)創世記3:16~19の呪いが取り去られる。

(5)「見よ。神の幕屋が人とともにある」

 4.プレゼントの中身は、詳細には分からない。

結論 

1.神中心に聖書を読む。

2.信者に幸いな地位。

3.不信者の永遠の悲劇。

週間アクセスランキング

1

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

2

使徒の働き(67)―コリントでの伝道(3)―

3

60分でわかる旧約聖書(26)エゼキエル書

4

信仰によって

5

使徒の働き(66)―コリントでの伝道(2)―

6

60分でわかる旧約聖書(24)エレミヤ書

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.