Loading...

60分でわかる旧約聖書(7)「士師記」

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

士師記を通して、歴史の法則について考える。

60 分でわかる旧約聖書( 7 )「士師記」

1.はじめに

(1)著者

①王政に入って以降に、書かれた書である。

②著者が誰かは分からない。

③サムエルである可能性が高い。

 

(2)名称

①士師記という名称は、この書に登場する士師たちから取られたものである。

②士師は「ショフェット」である。英語では「judge」「deliverer」である。

③彼らは裁判官であり、また政治的・軍事的指導者、敵からイスラエル人を解

放する解放者、救済者でもあった。

④士師記には、12人の士師たちが登場する。

⑤それぞれの士師に関する記録の長さは異なる。短いものは1節である。

 

(3)内容

①ヨシュアが死んで以降のイスラエルの民の歴史を取り上げている。

②ヨシュアの指導のもと、土地が各部族に分割された。

③イスラエルの民は、大いなる期待を持って約束の地に入った。

*勝利ある生活

*豊かな生活

*ヤハウェの栄光を反映させた生活

④しかし、各部族は異教の民を完全に追放することができなかった。

*それが問題の根本原因となった。

*イスラエルの民は、しばしば異教の民に征服された。

*神は、その都度「士師」と呼ばれる指導者を立て、民を解放した。

⑤士師記は、「敗北と解放の書」である。

⑥また、「失望の書」でもある。

 

(4)士師たちの活動期間

①オテニエルからサムソンまで、約325年間

②各士師の活動期間を合計すると、400年以上になる。

③士師たちの記録は、年代順ではない。

④活動が同時進行した士師たちがいる。

⑤彼らの活動は、モーセやヨシュアと異なり地域限定型であった。

 

2.アウトライン

(1)過去と未来(1:1~3:6)

①過去(1:1~2:10)

②未来(2:11~3:6)

(2)士師たちの時代(3:7~16:31)

(3)民の崩壊(17~21章)

 

3.結論

(1)歴史の法則

(2)クリスチャン生活の法則

補足:12人の士師たち

1.オテニエル(3:1~11):11節

2.エフデ(3:12~30):22節

3.シャムガル(3:31):1節

4.デボラ(4~5章):2章

5.ギデオン(6:1~8:32):3章

6.トラ(10:1~2):2節

7.ヤイル(10:3~5):3節

8.エフタ(10:6~12:7):2章

9.イブツァン(12:8~10):3節

10.エロン(12:11~12):2節

11.アブドン(12:13~15):3節

12.サムソン(13~16章):4章

 

士師記を通して、歴史の法則について考える。

Ⅰ.過去と未来( 1 1 3 6

1 .過去( 1 1 2 10

(1)ヨシュアが死んで以降の各部族の戦い

①各部族は、自分の割り当て地において先住民を追放する戦いを展開する。

②この戦いは、イスラエルの民にとっては定住地を獲得するための戦い。

③先住民にとっては、主の裁きを受ける戦い。

 

(2)ユダ族の戦い

①シメオン族との協力

②エルサレムは、エブス人が住み続ける。

③ベニヤミン族との協力

 

(3)北の部族による征服

①中途半端な戦いしかできなかった。

②カナン人を完全に追い払うことができなかった。

③カナン人が点在していたため、部族間の移動の自由がなくなった。

④カナン人の偶像礼拝はそのまま残された。

⑤イスラエル人はその影響を受け、背教の民となっていく。

⑥カナン人と関係を結ぶようになり、契約の民としての特徴を失っていった。

⑦神は、カナン人の存在を、イスラエル人の信仰を試すものとして利用された。

⑧民が不信仰に陥った時には、神はカナン人を裁きの器として用いた。

⑨悔い改めた時には、カナン人の手から救い出した。

⑩第3世代の者たちには、戦争の経験がなかった。

⑪戦争の経験は、王制に移行するためにどうしても必要なものであった。

 

(4)第2世代から第3世代へ

①ヨシュアの死後も、【主】の奇跡を目撃した長老たちがいた(第2世代)。

②これらの長老たちが生きている間は、民は【主】に忠実に歩んだ。

③第3世代になると、民は自分勝手な歩みをするようになった。

④第3世代がどのように歩んでいたかが、士師記の時代背景となっている。

 

2 .未来( 2 11 3 6

(1)士師時代にくり返されるあるパターンが紹介されている。

①背信の段階

*イスラエル人はバアル礼拝に取り込まれていく。

②裁きの段階

*隣国の人々を用いて、【主】がご自身の民を裁かれる。

③悔い改めの段階

*イスラエルの民は苦難の中から【主】に助けを呼び求める。

④士師による解放の段階

*民の叫びを聞いた【主】は、士師を送り、敵の手から民を救う。

 

 

Ⅱ.士師たちの時代( 3 7 16 31

1 .オテニエル( 3 1 11 ): 11

(1)カレブの弟である。

(2)敵は、アラム・ナハライムのクシャン・リシュアタイム。

 

2 .エフデ( 3 12 30 ): 22

(1)左利きの士師

(2)敵は、モアブの王エグロン。

 

3 .シャムガル( 3 31 ): 1

(1)「牛の突き棒」を使って戦った士師

(2)敵は、ペリシテ人。

 

4 .デボラ( 4 5 章): 2

(1)12人の士師の中で唯一の女性。

①彼女は女預言者と呼ばれている。

②実戦の指導者としてバラクを立てたが、バラクはあくまでも援助者。

 

(2)敵は、ハツォルの王ヤビン。

①鉄の戦車900両がキション川のほとりで動けなくなった。

②【主】が大雨を降らせた。

 

5 .ギデオン( 6 1 8 32 ): 3

(1)マナセ族の中で最も弱い分団に属していた。

①酒ぶねの中で小麦を打っていたときに、【主】の使いが現れた。

②神の御心を確認するために、しるしを求めた。

③羊の毛の上に霜が降り、土全体は渇くように。

④次は、その逆を求めた。

 

(2)敵は、ミデヤン人。

①3万2千人の兵士を300人に減らした。

②水の飲み方で、300人を選抜した。

 

6 .トラ( 10 1 2 ): 2

(1)平和と繁栄の時代の士師である。45年間。

(2)アビメレク(ギデオンの息子)の時代に起こった混乱を静めた。

 

7 .ヤイル( 10 3 5 ): 3

(1)トラと同時代の平和と繁栄の時代の士師である。45年間。

(2)ヨルダン川東岸からの士師である。

 

8 .エフタ( 10 6 12 7 ): 2

(1)ギルアデ人の父と遊女の母の間に生まれた。

①正妻の息子たちから差別を受け、ギルアデから追い出された。

②彼の回りにはごろつきどもが集まるようになった。

③彼らは、敵の領土に侵入し、食物や必需品などを略奪するようになった。

④これが彼らに戦闘の経験を与えた。

 

(2)敵は、アモン人。

①最初に出て来る者を「全焼のいけにえ」として捧げるとの請願を立てた。

②最初に踊りながら出て来たのは、彼のひとり娘であった。

③モーセの律法によれば、これは正式な請願ではないので、取り消すことがで

きた。

④それをしなかったのは、無知であったか、頑なであったかのどちらか。

⑤娘は死んだのか。2つの意見がある。

*文字どおり「全焼のいけにえ」として殺された。

*終生幕屋で仕えるために【主】に捧げられた。

 

9 .イブツァン( 12 8 10 ): 3

(1)ゼブルン族のベツレヘム出身。

①一夫多妻制を実行し、30人の息子と30人の娘をもうけた。

(2)「平和と繁栄の時代」の士師

 

10 .エロン( 12 11 12 ): 2

(1)ゼブルン人

(2)「平和と繁栄の時代」の士師

 

11 .アブドン( 12 13 15 ): 3

(1)エフライム人

①40人の息子と30人の孫がいました。

(2)「平和と繁栄の時代」の士師

①「70頭のろばに乗っていた」とある。

 

12 .サムソン( 13 16 章): 4

(1)ダン族に属するマノアの無名の妻(不妊)が母である。

①【主】の使いによって、胎内にいる時からナジル人であると宣言された。

②ナジル人とは、「聖別された者」。

 

(2)敵はペリシテ人

①髪の毛を剃られたとき、彼は力を失った。

②最後に彼は、約3,000人のペリシテ人を殺した。

 

 

Ⅲ.イスラエルの民の崩壊( 17 21 章)

1 .士師 17 6

「そのころ、イスラエルには王がなく、めいめいが自分の目に正しいと見えることを

行なっていた」

 

2 .崩壊の過程

(1)偶像礼拝(17~18章)

(2)不道徳(19章)

(3)内戦(20~21章)

 

結論

1 .歴史の法則

1 )妥協→交流→偶像礼拝→神の裁き

2 )士師時代にくり返されるパターン

①背信の段階

②裁きの段階

③悔い改めの段階

④士師による解放の段階

 

3 )国が崩壊する過程

①霊的崩壊

②道徳的崩壊

③物理的崩壊

 

4 )この時代の失敗が、次の王制に移行するための準備となっている。

 

2 .クリスチャン生活の法則

1 )【主】は欠点のある者や弱い者を用いてくださる。

3 番目の士師シャムガルの例

②彼は、ペリシテ人 600 人を打ち殺して、イスラエルを救った。

③「牛の突き棒」を使って戦った。それ以外に武器がなかった。

④発掘された突き棒は、長さが約 2.4 メートルで、先端が周囲約 15 センチあ

り、細いほうの先端には、先のとがった鉄製の頭がついていた。

⑤このような粗末な棒で大勝利を収めたとは、驚くべきことである。

⑥ここに、主の戦いに勝利する秘訣がある。

 

2 )勝利する力は、聖霊から来る。

12 番目の士師サムソンの例

②サムソンは、胎内にいる時から、神へのナジル人であった。聖別された者。

③酒を飲まない、汚れた物を食べない、頭にかみそりを当てない。

④サムソンはイエス・キリストの型である。

*その出産が、通常のものとは違っていた。

*サムソンは「太陽の子」という名を与えられた。

*サムソンは主の祝福を受けて成長した。

*サムソンは聖霊の力によって活動を開始した。

⑤新約聖書では、バプテスマのヨハネが終生のナジル人である。

⑥霊的には、私たちクリスチャンもまたナジル人である。

「わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わた

しもその人の中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。

わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです」(ヨハネ

15 5

週間アクセスランキング

1

使徒の働き(85)―パウロの弁明(2)―

2

使徒信条-使徒たちの教えに帰る-前編

3

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

4

使徒の働き(84)―パウロの弁明(1)―

5

60分でわかる新約聖書(11)ピリピ人への手紙

6

60分でわかる旧約聖書(23)イザヤ書

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.