Loading...

創世記(58)—パロからの招待—

  • 2009.08.24
  • 創世記45章:16〜28
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

ヨセフの働きとヤコブの決断を通して、クリスチャン生活の本質を学ぶ。

創世記58 創世記45章16節~28節

「パロからの招待」

イントロ:

1.文脈を確認する。

(1)ヨセフは、ヤコブの一家がエジプトに下るための架け橋となった。

(2)ヨセフと兄弟たちの和解が実現した。

(3)次に、カナンの地に住むヤコブの一家のエジプト移住が実行に移される。

2.この時点でのヨセフの心理状態

(1)パロはどう反応するだろうか。

(2)兄たちは、優先順位を間違えないだろうか。

①仲良くするだろうか。

②脱落する者は出ないか。

(3)父ヤコブは納得してエジプトに下って来るだろうか。

①兄たちの報告を信じるだろうか。

②家系に中には、エジプトに下ることへの嫌悪感がある。

3.メッセージのアウトライン

(1)パロからの招待(45:16~20)

(2)兄たちを送り返すヨセフ(45:21~24)

(3)元気を取り戻すヤコブ(45:25~28)

4.きょうのメッセージは、私たちに何を教えているか。

(1)ヨセフの働きとキリストの働き

(2)ヤコブの姿とクリスチャンの姿

このメッセージは、ヨセフの働きとヤコブの決断を通して、クリスチャン生活の本質を学ぼうとするものである。

Ⅰ.パロからの招待(45:16~20)

1.パロへの報告

(1)「ヨセフの兄弟たちが来た」

①エジプト名はツァフェナテ・パネアハ(41:45)。

②パロからもらった名である。

③ここでは、ヘブル人読者のために、ヨセフとなっている。

(2)伝えたのは、パロの家臣か。

(3)パロと家臣は、喜んだ。

①ヒクソク王朝だから起こったこと(セム系の王朝)

②ヨセフを敬愛していた。

③ヨセフに恩返しができる。

④奴隷ではなく、カナンの地の立派な家系の息子である。

2.ヨセフに対するパロの命令(1)

(1)兄弟たちは、ろばに荷を積んで、すぐにカナンの地に行け。

①道中の食糧

②カナンの地にいる家族への食糧

(2)父と家族を連れて、できるだけ早く、私のもとに来い。

(3)エジプトの最良の地を与える。

①最も肥沃な地

②ゴシェンに地であることが後に分かる。

(4)エジプトの最良の産物を与える。

①最良の小麦や果物(コシヒカリを食べさせる)

②最良の肉(松坂牛を食べさせる)

3.ヨセフに対するパロの命令(2)

(1)彼らに命じなさい。あなたは宰相なのだから。

(2)エジプトから車を持ち出せ(牛車か)。

①通常は禁止されていたと思われる。

②子どもたちと妻たちのために

③車は複数。必要なだけ。

(3)あなたがたの父を乗せて来なさい。

(4)家財に未練を残さないように。

①道中が大変だ。

②エジプトにはより良いものがある。

③それがみな、あなたがたのものである。

4.ヨセフとイエスの相関関係

(1)エジプトは神に敵対する国として、象徴的に描かれる。ここではその逆である。

(2)ともに良い場所を備えるために去り、用意が出来たら迎えに来る。

①ヨハ14:2

②ヨハ14:3

(3)所有している富は、その場に置いていくしかない。

①肉体も置いていく。

②地上のものは、すべて朽ちるもの。

(4)新しい場所には、より素晴らしい富が用意されている。

(例話)海外生活での経験。物にとらわれない生活の体験。

(例話)母親の介護の体験。

Ⅱ.兄たちを送り返すヨセフ(45:21~24)

1.パロの命令の実行

(1)ヨセフは兄たちに、車と食糧を与えた。

(2)晴れ着をめいめいに与えた。

①着替え用に2着

②兄たちへの敬愛

③ヨセフの権勢を、家族に伝えるため。

④エジプトに来たなら、このようなものが用意されているという意味

(3)ベニヤミンを特別扱い

①同じ母から生まれた兄弟

②銀300枚

③晴れ着5着

(4)父への贈り物

①エジプトの最良の物を積んだ10頭のろば

②穀物とパンと父の道中の食糧を積んだ10頭の雌ろば

2.兄たちへの忠告

(1)「途中で言い争わないでください」

①ヨセフを売ったことに関して

②お互いを責め合い、憎しみの感情を育てるようなことをしない。

(2)優先順位を考えなさい。

①父を連れてエジプトに移住することが最優先されるべき。

(3)ヨセフの言葉とキリストのことば

「あなたがたに新しい戒めを与えましょう。互いに愛し合いなさい。わたしがあなた

がたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい」(ヨハ 13:34)

①同じ父の息子たちである。

②同じヨセフが共通の兄弟である。

③同じ罪人である。

④同じ赦しを受けた。

⑤同じ場所に移住しようとしている。

Ⅲ.
元気を取り戻すヤコブ(45:25~28)

1.エジプトの産物を満載したロバと雌ろば、それに多数の車とともに帰還。

2.兄たちの報告

(1)エジプトで起こったことの報告

(2)ヨセフは生きている。

(3)エジプトの支配者になっている。

3.ヤコブの反応

(1)シメオンとベニヤミンの帰還で満足している。

(2)それ以上の良き知らせを聞かされた。

「父はぼんやりしていた。彼らを信じることができなかったからである」(26節)

「父は気が遠くなった」(新共同訳)

①気絶したか、しそうになったか。

②ヨセフは死んだと聞かされていた。

③それが生きているとは。

④怒りと喜びの感動が入り混じった。

(3)ヤコブの反応の普遍性

①悲劇や悪い知らせはすぐに信じる。

②祝福や良い知らせは信じない。

4.再度兄たちの報告

(1)ヤコブが落ち着いてから、詳細に話した。

(2)ヨセフが話したことを残らず話して聞かせた。

(3)車はその証拠

①車は高価なものであった。

②ルカ24:41

(例話)タタ・モーターズ(インド)が10万ルピー(約20万円)のナノ発売。

(例話)昭和30年代初頭のテレビ

5.ヤコブの反応

(1)ヤコブは元気づいた。車を見たから。

(2)イスラエルへの名前の変更(28節)

①信仰に基づく判断をし始めた。

②「それで十分だ。私の子ヨセフがまだ生きているとは」

③「死なないうちに彼に会いに行こう」

6.私たちへの教訓

(1)死の認識

(2)死ぬ前に為すべきことの認識

結論:ヨセフの働きとヤコブの決断を通して、クリスチャン生活の本質を学ぶ。

1.私たちはカナンの地(地上生涯)から、エジプト(天国)に移住しようとしている。

(1)ヨセフ(イエス)が架け橋となった。

(2)今所有している物は、持っていけない。

(3)エジプト(天国)には、より素晴らしい物がある。

2.私たちには、寄留者として優先させるべきことがある。

(1)愛の命令

(2)私たちには共通した要素と体験がある。

3.私たちは死への備えをすべきである。

週間アクセスランキング

1

使徒の働き(82)―エルサレム到着―

2

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

3

終末論はなぜ重要なのか

4

使徒の働き(81)―ツロからカイザリヤへ―

5

Q224救われていないクリスチャンとはどういう人ですか。

6

60分でわかる旧約聖書(24)エレミヤ書

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.