Loading...

創世記(52)—ポティファルの僕となるヨセフ—

  • 2009.07.13
  • 創世記39章:1〜23
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

創世記39章を「キリスト論」としての切り口から解説。

創世記52 創世記39章1節~23節

「ポティファルの僕となるヨセフ」

イントロ:

1.創世記37章~50章は第11番目のトルドット(歴史、経緯)である。

2.文脈を確認する。

(1)ヨセフ物語は、「ヤコブ一家」から「イスラエル民族」へのリンクとなる。

(2)37章からヨセフの物語が始まった。

(3)38章でユダの物語が挿入された。ヤコブの一家がエジプトに下る理由。

(4)39章は、エジプトでのヨセフの生活を描いている。

(5)ヨセフとキリストの関係

①新約聖書には、ヨセフはキリストの型だと教えている個所はない。

②しかし、ヨセフとキリストの間には類似点が多くある。

3.メッセージのアウトライン

(1)僕となるヨセフ(39:1~6)

(2)誘惑に会うヨセフ(39:7~12)

(3)不当に非難されるヨセフ(39:13~23)

4.きょうのメッセージは、私たちに何を教えているか。

(1)ヨセフに起こったことはキリストにも起こる。

(2)キリストに起こったことは私たちにも起こる。

(3)つまり、ヨセフに起こったことは私たちにも起こるのである。

このメッセージは、キリスト論的に創39章を解説しようとするものである。

Ⅰ.僕となるヨセフ(39:1~6)

1.ヨセフはポティファルに売られる。(1節)

(1)創37:36と創39:1とがつながっている。

(2)商人はヨセフを銀20枚で買い取った。

(3)いくらで売ったかは分からないが、大儲けをしたことは確かである。

(4)しかし、一番儲けたのはポティファルである。

2.ポティファルという人物

(1)パロの廷臣

①ヘブル語「サリス」。通常は、宦官のこと。

②彼には妻がいるので、宦官ではない。

③パロの宮廷で仕える官僚のこと。

(2)侍従長

①ヘブル語「サール・ハ・タバヒム」。ボディーガードの長。衛兵隊の隊長

②別訳は、死刑執行人の長。

(3)エジプト人

3.ヨセフの立場(2節)

(1)ポティファルの奴隷である。

(2)しかし、「主が彼とともにおられた」。

①「主」と訳された言葉は、「ヤハウェ(アドナイ)」である。

②これは、固有名詞であり、契約の神の御名である。

③アブラハム契約の条項のゆえに、神はヨセフとともにいる。

④2節、3節(2回)、5節(2回)、

(3)長服を取られ、奴隷に売られても、残されたものがある。

①高潔な人格

②信仰

(4)世界の文化の中心地エジプトの世界観よりも、ヨセフの世界観の方が大きい。

①ピラミッドが立てられていた時代。

②ヨセフはポティファルの家から逃亡することもなく、そこで忠実に仕えた。

4.ヨセフの働き(3~6節)

(1)主がヨセフのすることをすべて成功させてくださった。

(2)ポティファルは、それがヘブル人の神によるものであることを認めた。

①ポティファルが、主を信じたわけではない。エジプト人は偶像礼拝者。

②祝福の結果を見て、ヨセフの神の偉大さを認めたということ。

(3)ヨセフはポティファルから信頼された。

①最初は、下働きから始まった。

②小さなことに忠実であったので、大きなことを任された。マタ25:21

③ついに、側近の者となり、家の管理と全財産の管理を任された。

(4)アブラハム契約の条項

①ポティファルはヨセフを大切にした。

②主はヨセフのゆえに、ポティファルの家を祝福された。

(5)ポティファルは、自分の食べる食物以外は、すべてヨセフに委ねた。

①エジプト人は、ヘブル人が用意した食事は食べない。

②創43:32参照

Ⅱ.誘惑に会うヨセフ(39:7~12)

1.ポティファルの妻の誘惑

(1)「ヨセフは顔も美しく、体つきも優れていた」(新共同訳)

(2)ヨセフに命令した。

①「わたしと寝なさい」(口語訳)

②「私と寝ておくれ」(新改訳)

③「わたしの床に入りなさい」(新共同訳)

(3)これは強い誘惑である。

①主人の妻からの命令である。

②異国で孤独な生活を送っている。

③誰も見ていない。

(4)背後にサタンがいる。

①もしこの誘惑に乗るなら、神の計画は破壊される。

2.拒否するヨセフ

(1)「あなた以外には、何も私に差し止めておられない」

①これは、エデンの園の「善悪の知識の木」と同じである。

②エバにとっては、ひとつだけ禁止されていることが、誘惑への力となった。

③ヨセフにとっては、誘惑を拒否する力となった。

(2)主人の信頼を裏切ることはできない。

(3)神を裏切れない。

①兄弟たちから裏切られた。

②神だけが信頼できるお方である。

③夢の実現へと進み始めている。

3.しつこく迫るポティファルの妻

(1)誘惑が繰り返される。

(2)ヨセフは、最大限の努力をし、彼女に近寄らなかった。

(3)ある日、家の中に彼女しかいない状況が訪れた。

①仕組まれた状況

②彼女は、ヨセフの上着をつかんで、ヨセフに命令した。

(4)ヨセフは上着を彼女の手に残し、外に逃げた。

(例話)ビリー・グラハム博士から聞いた話

Ⅲ.不当に非難されるヨセフ(39:13~23)

1.ヨセフを誘惑することは失敗に終わった。

2.彼女は怒った。

(1)その家の者どもを呼び寄せた。

(2)夫を非難した。夫婦関係が疑われる状態である。

①「もてあそぶために」(新改訳)

②ヘブル語「ツァハク」。イシュマエルがイサクをからかった時の言葉。

③「わたしたちに戯れます」(口語訳)

④「わたしたちはいたずらをされる」(新共同訳)

(3)ヨセフを非難した。

①ヘブル人という言葉は、軽蔑を表す。

②上着が物的証拠となる。現実味のない証拠。

③ヨセフの上着が、嘘のための証拠として利用されるのは2度目である。

④義人が、罪もなく非難されることはよくある。

(4)彼女は、罪を恥じるのではなく、義人に復讐を図った。

3.ヨセフの投獄

(1)ポティファルは妻の言葉を信じた。

(2)神の摂理が働いている。

①ポティファルはヨセフを死刑にすることができた。

②彼の怒りは、途中でとどめられた(妻の証言への疑い、神の介入)。

③王の囚人が監禁されている監獄(最も厳しい監獄)に入れられた。

4.アブラハム契約の祝福

(1)主がヨセフとともにおられた。

①21節、23節(2回)

(2)ポティファルの家で起こったのと同じことが起こった。

①監獄の長の信頼を得た。

②すべての囚人の世話を委ねられた。

(3)獄中のヨセフの状態:詩篇105:18~19

「彼らは足かせで、ヨセフの足を悩まし、ヨセフは鉄のかせの中に入った。彼のことばがそのとおりになる時まで、【主】のことばは彼をためした」

(4)ヨセフを支えたものは、2つの夢と、主がともにおられるという確信。

結論

1.僕としてのキリスト

(1)キリストは、ローマ帝国に支配されていたユダヤに来られた。

(2)僕としての生涯を歩まれた。

(3)しかし、神はともにおられた。マタ 1:23参照。


「見よ、処女がみごもっている。そして男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」(訳すと、神は私たちとともにおられる、という意味である。)

(4)ローマ総督ピラトの前でイエスはこう言われた。ヨハ18:36


「わたしの国はこの世のものではありません。もしこの世のものであったなら、わたしのしもべたちが、わたしをユダヤ人に渡さないように、戦ったことでしょう。しかし、事実、わたしの国はこの世のものではありません」

2.誘惑に合うキリスト

(1)荒野での誘惑

①メシアとして誘惑に合っている。

②もしその誘惑に乗るなら、神の計画は破壊される。

(2)サタンはしつこく迫った。

①ペテロの口を通して

②ゲツセマネの園で

③十字架から降りて来いという声で

3.不当に非難されるキリスト

(1)イザ53:4~6の預言

(2)イザ53:10の預言

4.ヨセフに起こったことはキリストに起こり、私たちにも起こる。

週間アクセスランキング

1

信仰がぐらつく時

2

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

3

使徒の働き(78)―エペソの長老たちへのメッセージ(1)―

4

使徒の働き(77)―トロアスからミレトへの旅―

5

「ダビデ契約、聖霊、黙示録」中川洋

6

Q221試練の時どうすればいいのですか。

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.