Loading...

創世記(38)—エサウとヤコブの誕生—

  • 2009.03.30
  • 創世記25章:19〜34
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

神の選びと人の応答の必要性のバランスを学ぶ。

関連テーマ

テーマを全て見る

関連キーワード

キーワードを全て見る

創世記38 創世記25章19節~34節

「エサウとヤコブの誕生」

イントロ:

1.創世記は11のトルドットに区分される。

2.第6のトルドットは、創11:27~25:11で、「テラの歴史」。

3.第7のトルドットは、創25:12~18で、「イシュマエルの歴史」

4.第8のトルドットは、創25:19~35:29で、「イサクの歴史」

  2.きょうの箇所とメッセージのアウトライン

    (1)誕生前の預言

    (2)ふたごの誕生

    (3)ふたごの成長

    (4)長子の権利の売り渡し

  3.きょうのメッセージは、私たちに何を教えているか。

    (1)神の選びの確かさ

(2)選びに対する人の応答の必要性

このメッセージは、神の選びと人の応答の必要性のバランスを教えるものである。

Ⅰ.誕生前の預言(25:19~23)

  
1.イサクのトルドットの始まり

  「これはアブラハムの子イサクの歴史である。アブラハムはイサクを生んだ」

    (1)他のトルドット同様、「これはイサクの歴史である」というタイトルで始まる。

    (2)「イサクの歴史」とは、イサクの息子たちに何が起こったかという記録である。

  2.イサクは40歳で結婚。

    (1)妻はリベカ

      ①パダン・アラムのアラム人(シリア人)ベトエルの娘

      ②アラム人ラバンの妹

      ③リベカは不妊の女であった。20年間子が与えられない。

    (2)イサクはリベカのために主に祈願した。

      ①イサクの生活については記述がないが、主に祈ったことだけは書かれている。

      ②父アブラハムのように「めかけ」によって子を得ることはしなかった。

      ③イサクの祈りは聞かれた。

  3.リベカは妊娠した。

  「子どもたちが彼女の腹の中でぶつかり合うようになったとき、彼女は、『こんなことでは、

  いったいどうなるのでしょう。私は』と言った。そして【主】のみこころを求めに行った」

    
(1)子どもたちが彼女の体内で押し合った。

    (2)彼女は不安になった。命の危険さえも感じた。

    (3)彼女もまた、主に祈った。

  
4.主からの答えがあった。

  「すると【主】は彼女に仰せられた。『二つの国があなたの胎内にあり、二つの国民があな

  たから分かれ出る。一つの国民は他の国民より強く、兄が弟に仕える』」

    (1)ヘブルの詩の形式。韻を踏むのではなく、並列法での記述。

    (2)1行目 「二つの国があなたの胎内にあり」

      ①「国」は、「ゴイム」である。

      ②イスラエルについても、異邦人についても、「ゴイム」が用いられる。

    (3)2行目 「二つの国民があなたから分かれ出る」

      ①イスラエルとエドムの誕生。

      ②エドムは、多くある異邦人国家のひとつ。

    (4)3行目 「一つの国民は他の国民より強く」

      ①イスラエルはエドムよりも強い。

    (5)4行目 「兄が弟に仕える」

      ①エドムはイスラエルの奴隷となる。

Ⅱ.ふたごの誕生(25:24~26)

  
1.「出産の時が満ちると、見よ、ふたごが胎内にいた」(24節)

  2.兄の誕生の様子

  「最初に出て来た子は、赤くて、全身毛衣のようであった。それでその子をエサウと名づ

  けた」

    (1)「赤くて」は、「アドモニ」。ここから、「エドム」という言葉が出てきた。

    (2)「アドモニ」は、ここ以外ではダビデに関してのみ出てくる言葉。

      ①Ⅰサム16:12

      「エッサイは人をやって、彼を連れて来させた。その子は血色の良い顔で、目が

      美しく、姿もりっぱだった」

      ②17:42

      「ペリシテ人はあたりを見おろして、ダビデに目を留めたとき、彼をさげすんだ。

      ダビデが若くて、紅顔の美少年だったからである」

    (3)エサウとは、「毛深い」の意味。

      ①個人名のエソウは、毛深いところから付けられた名。

      ②民族名のエドムは、毛の色が赤かったところから付けられた名。

  3.弟の誕生の様子

  「そのあとで弟が出て来たが、その手はエサウのかかとをつかんでいた。それでその子を

  ヤコブと名づけた」

    (1)かかとは「アケブ」である(新共同訳)。

    (2)ヤコブと「かかと(アケブ)」は同じ語根から出た言葉である。

      ①ヤコブの第一義的な意味は、「かかとをつかむ者」である。

      ②第二義的な意味は、「追い出す者」である。

    (3)この言葉には、否定的なニュアンスは含まれていない。

      ①それが肯定的な意味か、否定的な意味かは、文脈によって決まる。

      ②名前が与えられた時は肯定的な意味、後に否定的な意味になる。

      創 27:36

      「エサウは言った。『彼の名がヤコブというのも、このためか。二度までも私を押

      しのけてしまって。私の長子の権利を奪い取り、今また、私の祝福を奪い取って

      しまった』」

      ホセ 12:3

      「彼は母の胎にいたとき、兄弟を押しのけた。彼はその力で神と争った」

      エレ 9:4

      「おのおの互いに警戒せよ。どの兄弟も信用するな。どの兄弟も人を押しのけ、

      どの友も中傷して歩き回るからだ」

    (4)ヤコブについての評価を再吟味する必要がある。

Ⅲ.ふたごの成長(25:27~28)

  1.ふたごの成長

  「この子どもたちが成長したとき、エサウは巧みな猟師、野の人となり、ヤコブは穏やか

  な人となり、天幕に住んでいた」

  2.エサウ

    (1)「巧みな猟師」という言葉は、創世記の文脈では否定的な意味を持っている。

    (2)ニムロデの場合もそうであった。創10:8~12。

  3.ヤコブ

    (1)ヤコブの性質について悪く言うのが、キリスト教の伝統のようになっている。

    (2)しかし、聖書の評価はそれとは異なる。

    (3)誤った解釈:ヤコブは母親っ子、エサウは英雄であり巧みな猟師。

  4.エサウに関する正しい解釈

    (1)エサウは「野の人」となり、家族の絆の外で生きることを選んだ。

    (2)つまり、エサウは、家族への忠誠も家族との契約も捨てた男であった。

    (3)神のエサウへの評価は否定的である。

    マラ1:2~3

    「『わたしはあなたがたを愛している』と【主】は仰せられる。あなたがたは言う。『ど

    のように、あなたが私たちを愛されたのですか』と。『エサウはヤコブの兄ではなかっ

    たか。──【主】の御告げ──わたしはヤコブを愛した。わたしはエサウを憎み、彼

    の山を荒れ果てた地とし、彼の継いだ地を荒野のジャッカルのものとした』」

    ヘブ12:16~17

    「エサウのような俗悪な者」

  5.ヤコブに関する正しい解釈

    (1)ヤコブは「穏やかな人」になったという訳を再吟味する必要がある。

      ①ヘブル語では「タム」である。

      ②ヨブ1:8、22:3 ヨブに関して 「正しい人」

      ③創6:9 ノアに関して 「正しい人」

      ④詩 18:25 神と人に関して用いられている。

      「 あなたは、恵み深い者には、恵み深く、全き者には、全くあられ」

    (2)ヤコブに関する誤解が先にあり、それに合うような形で訳語が選ばれている。

      ① 「タム」は、「完全」という意味である。

      ②罪がないという意味での「完全」ではない。

      ③神に対する姿勢が正しいという意味での、「義人」である。

      ④ヨブとノアの例を考えればよい。

    (3)「天幕に住んでいた」の意味。

      ①母親っ子という意味ではない。

      ②彼は、家族という絆の中で、責任を果たして生きることを選んだ。

      ③羊飼いという家業を継いだ。アブラハム、イサクの道である。

      ④羊飼いは、女性的な仕事ではない。

      ⑤後に展開されるエピソードによって、羊飼いの労働の厳しさが明らかになる。

      ⑥ダビデが獅子や熊から羊の群れを守ったのと同じことである。

  6.両親の偏愛

  「イサクはエサウを愛していた。それは彼が猟の獲物を好んでいたからである。リベカは

  ヤコブを愛していた」

    (1)イサクはエサウを愛した。

      ①理由は、猟の獲物を好んでいたからである。「獲物が彼の口の中にあった」

      ②これは、ジビエ(狩猟による鳥獣肉)である。英語ではゲームミート。

      ③イサクは、神の選びを無視した。

    (2)リベカはヤコブを愛していた。

      ①神もそうであった。マラ1:2~3。

Ⅳ.長子の権利の売り渡し(25:29~34)

  1.エサウの粗野な性質

  「さて、ヤコブが煮物を煮ているとき、エサウが飢え疲れて野から帰って来た。エサウは

  ヤコブに言った。『どうか、その赤いのを、そこの赤い物を私に食べさせてくれ。私は飢え

  疲れているのだから』。それゆえ、彼の名はエドムと呼ばれた」

    (1)彼は、疲れていただけである。それ以上の状態ではない。

    (2)「私に食べさせてくれ」

      ①「グイグイ飲む」、「あおる」

      ②動物的な食欲が暗示されている。

    (3)「煮物」という言葉は使わずに、「赤いの」「赤いの」と言っている。

    (4)ヘブ12:6では、「俗悪な者」という評価が下されている。

    (5)彼は「エドム(赤)」と呼ばれるようになり、子孫たちは先祖の性質を引き継ぐ。

  2.ヤコブの提案

  「するとヤコブは、『今すぐ、あなたの長子の権利を私に売りなさい』と言った」

    (1)ヌジ文書では、長子の権利は売買が可能である。

    (2)長子の権利の内容

      ①物質的祝福 申21:17 2倍の分け前

      ②霊的祝福 Ⅰ歴5:1~2 祭祀を仕切る権利

      ③メシアの系図に連なるという祝福。アブラハム契約に基づく長子の権利

      ④土地の所有

    (3)アブラハム契約では、霊的祝福が前面に出ている。

    (4)それゆえ、エサウは長子の権利に興味を示さなかった。

  3.エサウの回答

  「エサウは、『見てくれ。死にそうなのだ。長子の権利など、今の私に何になろう』と言っ

  た」

    (1)エサウは、自分の状態を誇張している。

    (2)他の天幕に行けば、いくらでも食物はあったであろう。

    (3)新改訳は、「長子の権利など、今の私に何になろう」と訳している。

    【口語訳】

    エサウは言った、「わたしは死にそうだ。長子の特権などわたしに何になろう」。

    【新共同訳】

    「ああ、もう死にそうだ。長子の権利などどうでもよい」とエサウが答えると、

    (4)彼は、「長子の権利に何の益があろうか」と言っているのである。

      ①長子の権利には、大いなる祝福が込められている。

      ②彼には、霊的祝福への興味がない。

  4.売買成立

    (1)「誓い」によって、この取引は法的に有効なものとなった。

    「それでヤコブは、『まず、私に誓いなさい』と言ったので、エサウはヤコブに誓った。

    こうして彼の長子の権利をヤコブに売った」

    (2)ヤコブは長子の権利のための代価を払い、エサウはそれを受け取った。

    「ヤコブはエサウにパンとレンズ豆の煮物を与えたので、エサウは食べたり、飲んだ

    りして、立ち去った。こうしてエサウは長子の権利を軽蔑したのである」

      ①食べた

      ②飲んだ

      ③立った

      ④去った

    (3)ヤコブが不正を働いたという表現はない。

    (4)聖書は、エサウの非を責めている。

      ①「エサウは長子の権利を軽蔑した」

      ②「軽蔑した」とは、価値のないものとして扱ったということ。

      ③エサウには、神のことに関する感受性がなかった。

      ④神の計画の一部になりたいという思いがない。

      ⑤エサウは、長子の権利を売っただけでなく、それをさげすんだ。

結論:神の選びと人の責務のバランス

  1.ロマ9:10~12は、神の選びの確かさについて教えている。

  「このことだけでなく、私たちの父イサクひとりによってみごもったリベカのこともあり

  ます。その子どもたちは、まだ生まれてもおらず、善も悪も行わないうちに、神の選びの

  計画の確かさが、行いにはよらず、召してくださる方によるようにと、『兄は弟に仕える』

  と彼女に告げられたのです。『わたしはヤコブを愛し、エサウを憎んだ』と書いてあると

  おりです」

    (1)同意するのが難しい箇所である。

    (2)アブラハムから出る者がすべて子ではない。信仰が必要である。

    (3)異邦人である私たちこそ、神の選びの祝福を受けている。

    (4)ヨハネ15:16

    「あなたがたがわたしを選んだのではありません。わたしがあなたがたを選び、あな

    たがたを任命したのです。それは、あなたがたが行って実を結び、そのあなたがたの

    実が残るためであり、また、あなたがたがわたしの名によって父に求めるものは何で

    も、父があなたがたにお与えになるためです」

  2.ヘブ12:16~17は、人の責務について教えている。

  「また、不品行の者や、一杯の食物と引き替えに自分のものであった長子の権利を売った

  エサウのような俗悪な者がないようにしなさい。あなたがたが知っているとおり、彼は後

  になって祝福を相続したいと思ったが、退けられました。涙を流して求めても、彼には心

  を変えてもらう余地がありませんでした」

    (1)業による義を求めても、それは不可能である。

    (2)信仰による義を求めること。

    (3)そうすれば、道は開ける。

週間アクセスランキング

1

使徒の働き(85)―パウロの弁明(2)―

2

使徒の働き(86)―サンヘドリンの前に立つパウロ―

3

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

4

60分でわかる新約聖書(11)ピリピ人への手紙

5

Q227クリスチャンは誰に向かって祈るのですか。

6

使徒の働き(84)―パウロの弁明(1)―

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.