Loading...

ローマ人への手紙(56)—パウロの将来の計画—

  • 2012.02.06
  • ローマ書15章:22〜33
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

「パウロの将来の計画」について学ぶ。
チャート「神の義の啓示」

関連テーマ

テーマを全て見る

関連キーワード

キーワードを全て見る

「パウロの将来の計画」

1.はじめに

  (1)文脈の確認

①15:14~16:27は、「結論」の部分である。

②前回は、「執筆の目的」について学んだ。

  *ローマ教会の評価

  *使徒としての使命

*使徒としての奉仕の原則

    (2)今回は、「パウロの将来の計画」について学ぶ。

      ①キリストにあって計画を立てる必要性

      ②計画を修正する柔軟性

      ③祈りの格闘の必要性

  2.アウトライン

    (1)長期計画(22~24節)

    (2)短期計画(25~29節)

    (3)祈りの格闘(30~33節)

  3.メッセージのゴール

(1)異邦人とユダヤ人の関係

このメッセージは、「パウロの将来の計画」について学ぼうとするものである。

Ⅰ.長期計画(22~24節)

  
1.キリストにあって計画を立てる必要性

    (1)パウロは、過去の成功の上に安住して、隠居生活を送ることもできたであろう。

      ①しかし、彼はそこに留まらないで、前進した。

      ②幻が、彼を捉え、彼に活力を与えた。

      ③クリスチャンは、死ぬまで現役である。

    (2)各年代における計画

      ①青年期の計画

      ②壮年期の計画

      ③熟年期の計画(これが最も難しい)

  2.22節

  「そういうわけで、私は、あなたがたのところに行くのを幾度も妨げられましたが、」

    (1)「そういうわけで」

      ①他の人の土台の上に建てないことを原則にしてきた。

      ②エルサレムからイルリコに至るまで、巡回宣教をしてきた(19節)。

  ③ローマ教会を訪問する時間的余裕がなかった。

    (2)「あなたがたのところに行くのを幾度も妨げられました」

      ①願望はあったが、実現しなかった。

      ②「妨げられた」は、神や悪霊によってではなく、不可能であったという意味。

  3.23~24節

  「今は、もうこの地方には私の働くべき所がなくなりましたし、また、イスパニヤに行く

場合は、あなたがたのところに立ち寄ることを多年希望していましたので ──というのは、

途中あなたがたに会い、まず、しばらくの間あなたがたとともにいて心を満たされてから、

あなたがたに送られ、そこへ行きたいと望んでいるからです、──」

(1)「もうこの地方には私の働くべき所がなくなりました」

①ローマ帝国の東側地区での働きを終えたということ。

②すべての町を巡ったということではなく、主要な町々をカバーしたという意味。

③開拓伝道をする場所がなくなったということ。

④パウロは、3回の伝道旅行でそれを達成した。

(2)イスパニヤに行きたいという希望

  ①スペインのこと

  ②当時スペインは、ローマ帝国の植民地で、帝国の最西端にあった。

  ③多くのユダヤ人と、奴隷になってここまで送られたギリシア人がいた。

(3)パウロがイスパニヤに行ったかどうかは、不明。

  ①ローマでの幽閉が1度限りで、それ以降自由にならなかったと考える人。

    *パウロのイスパニヤ行きを否定する。

  ②ローマでの幽閉が2度あったと考える人。

    *その間に、イスパニヤに行った可能性があるとする。

(4)その途中で、ローマ教会に立ち寄りたいという。

  ①交わりによって心を満たされたい。

  ②「あなたがたに送られ、そこへ行きたいと望んでいるからです」

(5)「プロペンポウ」という動詞の受動態

  ①旅立ちの最初の部分において、同行する。

  ②すでにその人が進んでいる方向に送り出す。

③初代教会においては、「プロペンポウ」という動詞は宣教のための派遣の意味。

使15:3

  「彼らは教会の人々に見送られ、フェニキヤとサマリヤを通る道々で、異邦人の

改宗のことを詳しく話したので、すべての兄弟たちに大きな喜びをもたらした」

1コリ16:6

「そして、たぶんあなたがたのところに滞在するでしょう。冬を越すことになる

かもしれません。それは、どこに行くとしても、あなたがたに送っていただこう

と思うからです」

④その場合、その人の伝道旅行を援助するというニュアンスが含まれている。

  *祈りの援助

  *経済的援助

  *人的援助(同行者)

  *ネットワークによる援助

Ⅱ.短期計画(25~29節)

  1.夢や願いよりも、責務を優先する必要がある。

    (1)長期計画だけを論じている人は、地に足の付かない夢想家である。

    (2)短期計画だけにとらわれている人は、単なる実務家である。

  2.25節

  「ですが、今は、聖徒たちに奉仕するためにエルサレムへ行こうとしています」

    (1)使19:21(エペソで奉仕の後)

    「これらのことが一段落すると、パウロは御霊の示しにより、マケドニヤとアカヤを

通ったあとでエルサレムに行くことにした。そして、『私はそこに行ってから、ローマ

も見なければならない』と言った」

(2)イスパニヤに行く(ローマ教会を訪問する)前に、エルサレムに行く必要がある。

      ①エルサレム教会の聖徒たちは、困窮していた。

②飢饉のために、エルサレムのユダヤ人たち全般が苦しんでいた。

③その上に信者たちは、迫害に苦しんでいた。

④母教会援助の旅である。

  3.26節

  「それは、マケドニヤとアカヤでは、喜んでエルサレムの聖徒たちの中の貧しい人たちの

ために醵金することにしたからです」

  (1)異邦人教会が、エルサレム教会を援助する。

    ①1コリ16:1~4

    ②2コリ8~9章

  (2)これは自発的な献金である。

    ①「喜んで」という言葉

    ②「醵金」とは、「コイノニア」である。

      *交わりを指す言葉

4.27節

「彼らは確かに喜んでそれをしたのですが、同時にまた、その人々に対してはその義務が

あるのです。異邦人は霊的なことでは、その人々からもらいものをしたのですから、物質

的な物をもって彼らに奉仕すべきです」

  (1)異邦人がユダヤ人を援助することが、神学的真理へと引き上げられる。

    ①これは、自発的な愛の行為である。

    ②と同時に、霊的義務でもある。

  (2)「同時にまた、その人々に対してはその義務があるのです」

    「しかし同時に、彼らはかの人々に負債がある」(口語訳)

    「実はそうする義務もあるのです」(新共同訳)

    ①彼らは、その人々には負債者(オフェイレテイス)である。

    ②負債があるのだから、返済の義務がある。

  (3)「異邦人は霊的なことでは、その人々からもらいものをしたのですから、物質的

な物をもって彼らに奉仕すべきです」

「異邦人はその人たちの霊的なものにあずかったのですから、肉のもので彼らを助

ける義務があります」(新共同訳)

  ①異邦人が受けている霊的祝福は、すべてユダヤ人たちが受けるものであった。

    *それが「負債」である。

  ②負債を返すとは、肉のもの(物質的なもの)で彼らを援助することである。

    *これが、ユダヤ人伝道の財源となる。

  (例話)昨年、イスラエル聖書大学に献金を送った。

  5.28~29節

  「それで、私はこのことを済ませ、彼らにこの実を確かに渡してから、あなたがたのとこ

ろを通ってイスパニヤに行くことにします。あなたがたのところに行くときは、キリスト

の満ちあふれる祝福をもって行くことと信じています」

  (1)パウロの計画の全貌

①ローマ帝国東部の宣教は終えた。

②これから、エルサレムに行く(異邦人の献金をエルサレム教会に届けるため)。

③次に、イスパニヤに行く。ローマ帝国西部の宣教のため。

④途中で、ローマ教会を訪問する。そこからイスパニヤ宣教に派遣されるため。

    (2)この計画が祝されることを信じている。

      ①と同時に、人間の計画は不確定である。

      ②それゆえ、神の守りを祈り求める必要がある。

Ⅲ.祈りの格闘(30~33節)

  1.30節

  「兄弟たち。私たちの主イエス・キリストによって、また、御霊の愛によって切にお願いします。私のために、私とともに力を尽くして神に祈ってください」

    (1)パウロの謙遜

      ①祈りの援護をいつも要請している。

      ②三位一体の神のすべての位格が、この節に登場している。

        *主イエス・キリスト

        *「御霊の愛」:「御霊によって与えられる愛」

        *神(父なる神)

    (2)「私のために、私とともに力を尽くして神に祈ってください」

      ①「スナゴニゾマイ」:激しい格闘に加勢すること。

      ②祈りとは、霊的な戦いそのものである。

      ③クリスチャンは、会ったことがなくても、共通の祈りを捧げることができる。

  2.31~32節

「私がユダヤにいる不信仰な人々から救い出され、またエルサレムに対する私の奉仕が聖

徒たちに受け入れられるものとなりますように。その結果として、神のみこころにより、

喜びをもってあなたがたのところへ行き、あなたがたの中で、ともにいこいを得ることが

できますように」

  (1)安全のための祈り

    ①パウロは、ユダヤ人に捉えられる。

    ②しかし、百人隊長によって救われ、国外に退去させられる。

  (2)異邦人の献金が受け入れられるように。

    ①パウロを疑う者たちが依然としていた。

    ②ユダヤ人の誇りが邪魔をして、異邦人の献金を受け入れない恐れがあった。

  (3)ローマに行けるように。

    ①パウロは確かにローマに到着した。

    ②しかしそれは、囚人としてであった。

  (4)祈った通りには聞かれていない。

    ①しかし、祈りの精神は聞かれている。

3.33節

「どうか、平和の神が、あなたがたすべてとともにいてくださいますように。アーメン」

  (1)ここで、ローマ人への手紙は終わってもよかった。

    ①パウロは、個人名を上げて挨拶を送ることにした。

    ②16章は、いわば「追伸」である。

結論:異邦人とユダヤ人の関係

  1.なぜ、異邦人の献金をエルサレム教会に届けることにこだわったのか。

  2.異邦人がユダヤ人に対して「負債者」であるとは、どういう意味か。

  3.聖書的裏付け

    (1)エペ2:11~16(要約)

    「ですから、思い出してください。あなたがたは、以前は肉において異邦人でした。

…そのころのあなたがたは、キリストから離れ、イスラエルの国から除外され、約束

の契約については他国人であり、この世にあって望みもなく、神もない人たちでした。

…キリストこそ私たちの平和であり、二つのものを一つにし、隔ての壁を打ちこわし、

ご自分の肉において、敵意を廃棄された方です。敵意とは、さまざまの規定から成り

立っている戒めの律法なのです。このことは、二つのものをご自身において新しいひ

とりの人に造り上げて、平和を実現するためであり、また、両者を一つのからだとし

て、十字架によって神と和解させるためなのです。…」

    (2)エペ3:6

    「その奥義とは、福音により、キリスト・イエスにあって、異邦人もまた共同の相続

者となり、ともに一つのからだに連なり、ともに約束にあずかる者となるということ

です」

  3.解説

    (1)「異邦人はその人たちの霊的なものにあずかった」(27節)(新共同訳)

      ①異邦人が受ける霊的祝福は、本来はユダヤ人のものである。

      ②それらの霊的祝福は、神がユダヤ人と結んだ契約を通して与えられた。

    (2)4つの無条件契約

      ①アブラハム契約


  ②土地の契約

      ③ダビデ契約


  ④新しい契約

    (3)1つの条件付契約

      ①シナイ契約(モーセ契約)

      ②これが、「隔ての壁」であり、「敵意」である。

      ③旧約時代、祝福を受けるためには、ユダヤ教に改宗する必要があった。

      ④その壁は、キリストの死によって取り除かれた。

    (4)教会は、「新しいひとりの人」である。

      ①異邦人は、ユダヤ人と共同相続人である。


  ②教会がユダヤ人に置き換わったのではない。

      ③置換神学は、間違っている。

週間アクセスランキング

1

使徒の働き(71)―エペソでの奉仕―

2

「自由、希望、誇り」

3

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

4

使徒の働き(70)―12人の弟子たちの救い―

5

60分でわかる新約聖書(8)コリント人への手紙第二

6

60分でわかる旧約聖書(24)エレミヤ書

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.