ヨハネの黙示録(23)—海からの獣—

  • 2017.02.20
  • 黙示録13章:1〜10
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

反キリストの働きについて学ぶ。

関連テーマ

テーマを全て見る

関連キーワード

キーワードを全て見る

「海からの獣」

黙13:1~10

1.はじめに

(1)キリストの再臨の前に何が起こるかを見ている。

  ①10章~14章は、挿入箇所である。

    *物語の進展はなく、状況の説明が入る。

       *7章と同じである。

      ②今私たちは、12章~13章を取り上げている。

    (2)12章~13章に登場する7人の主役たち(大患難時代の後半)

      ①ひとりの女:イスラエルの象徴

      ②赤い竜:サタンの象徴

      ③男の子:キリストの象徴

      ④ミカエル:天使長

      ⑤女の子孫の残りの者:レムナント、真の信仰者たち

      ⑥海から上って来た獣:反キリスト

      ⑦地から上って来た獣:偽預言者

    (3)きょうの箇所で、大患難時代における最も重要な人物が登場する。

      ①海から上って来た一匹の獣とは、反キリストのことである。

      ②黙示録では、反キリストは獣として描写されている(32回)。

      ③キリストと反キリストが対比されている。

        *「Anti」とは、「〇〇に代わって」とか「〇〇に敵対して」という意味。

        *キリストは小羊であるが、反キリストは獣である。

        *キリストは罪人を救うが、獣は聖徒を迫害する。

        *小羊は柔和であるが、獣はどう猛である。

        *小羊は愛に溢れているが、獣は残忍である。

    (4)大患難時代の中間期から後半にかけて、偽の三位一体が登場する。

      ①12章でサタンが登場する(偽の父なる神)。

      ②13章前半で反キリストが登場する(偽の子なる神)。

      ③13章後半で偽預言者が登場する(偽の聖霊なる神)。

  2.アウトライン

    (1)獣の形状(1~2節)

    (2)獣の復活(3~4節)

(3)獣の支配(5~8節)

    (4)励ましのことば(9~10節)

  3.結論:反キリストはキリストの真似をする。

反キリストの働きについて学ぶ。

Ⅰ.獣の形状(1~2節)

  
1.1節


Rev 13:1
また私は見た。海から一匹の獣が上って来た。これには十本の角と七つの頭とがあった。その角には十の冠があり、その頭には神をけがす名があった。

    
(1)黙12:18は、13:1に含まれるべきものである。

Rev 12:18 そして、彼は海べの砂の上に立った。

      
①海から獣が上がってくる。

    
(2)ダニエル書2章(ネブカデネザルが夢で見た大きな像の幻)

        *人間の視点から見た異邦人世界の帝国の歴史

    (3)ダニエル書7章(ダニエルが見た4つの幻)

      ①第1の幻:3頭の大きな獣

        *第1の獣は獅子のようだが、鷲の翼をつけていた(バビロン帝国)。

*第2の獣は熊に似ているが、きばの間には3本の肋骨があった(メド・ペ

ルシヤ連合帝国)

*第3の獣は豹のようだが、背には4つの翼があり、4つの頭があった(ギ

リシア帝国)

      ②第2の幻:第4の獣(帝国主義)

        *いかなる獣にもたとえられない異様な姿をしていた。

*大きな鉄のきばと10本の角を持っていた(10本の角は10人の王)。

*11本目の小さな角が出てきて、初めの角のうち3本が引き抜かれた。

*この小さな角は人格を持ち、豪語する口を持っていた(反キリスト)。

      ③第3の幻:天の法廷

      ④第4の幻:人の子のような方

    (4)黙13:1の獣は、ダニエル書7章の第2の幻に登場する第4の獣と同じである。

      ①獣は、反キリスト自身であり、反キリストが支配する帝国でもある。

      ②反キリストは、異邦人世界から登場する。

    (5)「十本の角」

      ①動物は角を武器にして戦う。

      ②角は、力と支配の象徴である。

      ③角は、王国や王を象徴する言葉である。

      ④反キリストは、10ヶ国連合の帝国主義から登場する。

      ⑤角にある10の冠は、統治権の象徴である。

    (6)「7つの頭」

      ①第4の帝国の7つの発展段階を指す。

      ②第7の頭が、反キリストの統治段階である。

      ③「神をけがす名」とは、反キリストの性質を表す名である。

  
2.2節


Rev 13:2
私の見たその獣は、ひょうに似ており、足は熊の足のようで、口は獅子の口のようであった。竜はこの獣に、自分の力と位と大きな権威とを与えた。

    
(1)ダニエル書7章

      ①獅子、熊、ひょうの順番に登場した。

      ②ダニエル書では、将来の歴史を展望している。

    (2)黙示録13:2

      ①ひょう、熊、獅子の順番になっている。

      ②黙示録では、過去を振り返っている。

      ③第4の帝国には、その前の3つの帝国の特徴が残っている。

        *非常にどう猛で力がある。

    (3)竜(サタン)は、この獣に自分が持っている力と位と権威を与えた。

      ①どう猛な獣(反キリスト)は、さらに力を得た。

        *反キリストの最終的な力は、サタンから来る。

        *偽の三位一体の「偽の子なる神」が誕生した。

      ②キリストは、サタンの申し出を拒否された(マタ4:8~10)。

Mat 4:8 今度は悪魔は、イエスを非常に高い山に連れて行き、この世のすべての国々とその栄華を見せて、

Mat 4:9 言った。「もしひれ伏して私を拝むなら、これを全部あなたに差し上げましょう。」

Mat 4:10 イエスは言われた。「引き下がれ、サタン。『あなたの神である主を拝み、主にだけ仕えよ』と書いてある。」

Ⅱ.獣の復活(3~4節)

  
1.3~4節


Rev 13:3 その頭のうちの一つは打ち殺されたかと思われたが、その致命的な傷も直ってしまった。そこで、全地は驚いて、その獣に従い、


Rev 13:4
そして、竜を拝んだ。獣に権威を与えたのが竜だからである。また彼らは獣をも拝んで、「だれがこの獣に比べられよう。だれがこれと戦うことができよう」と言った。

    
(1)「その頭のうちの一つは打ち殺されたかと思われたが、」

      ①ネロ、イスカリオテのユダ、ムッソリーニ、ヒトラー、スターリンなど?

      ②文脈上は、過去の人物ではなく、将来登場する反キリストである。

      ③反キリストは、殺される。

    (2)「その致命的な傷も直ってしまった」

      ①反キリストは、復活する。

      ②反キリストは重傷を負っただけだと主張する学者もいる。

      ③黙5:6に「ほふられたと見える小羊」という言葉が出ている。

      ④「打ち殺されたかと思われた」は、死んだことを意味する。

      ⑤復活した反キリストは、2人の証人を殺す(黙11:7で学んだ)。

Rev 11:7 そして彼らがあかしを終えると、底知れぬ所から上って来る獣が、彼らと戦って勝ち、彼らを殺す。

    (3)地上の人たちは、超自然的な力を発揮した獣に従うようになる。

      ①反キリスト復活のニュースは世界を巡ることであろう。

      ②復活した2人の証人は、天に上げられて地上にはいない。

      ③人々の関心は、復活した反キリストに向かう。

    (4)さらに、人々は竜を拝むようになる。

      ①サタンは、自らを神とし、礼拝されることを願う。

        *イザ14:12~17、エゼ28:11~19

      ②人々は、反キリストを通してサタンを礼拝するようになる。

      ③「だれがこの獣に比べられよう。だれがこれと戦うことができよう」

      ④出15:11との対比

Exo 15:11
【主】よ。神々のうち、/だれかあなたのような方があるでしょうか。/だれがあなたのように、聖であって力強く、/たたえられつつ恐れられ、/奇しいわざを行うことができましょうか。

Ⅲ.獣の支配(5~8節)

  
2.5~6節

Rev 13:5 この獣は、傲慢なことを言い、けがしごとを言う口を与えられ、四十二か月間活動する権威を与えられた。


Rev 13:6
そこで、彼はその口を開いて、神に対するけがしごとを言い始めた。すなわち、神の御名と、その幕屋、すなわち、天に住む者たちをののしった。

    
(1)反キリストは、大患難時代の中間で自らを神とする。

      ①最初は、世界の問題を解決するダイナミックなリーダーとして登場する。

      ②しかし、途中から傲慢なことやけがしごとを言う。

③ついに、自分の像を神殿に置き、礼拝を迫る(マタ24:15参照)。

      ④2テサ2:4

2Th 2:4 彼は、すべて神と呼ばれるもの、また礼拝されるものに反抗し、その上に自分を高く上げ、神の宮の中に座を設け、自分こそ神であると宣言します。

    (2)けがしことを言う対象

      ①神の御名

        *神の存在そのもの

      ②幕屋(天とそこに住む者たち)

        *天使と聖徒たち

  
2.7~8節


Rev 13:7 彼はまた聖徒たちに戦いをいどんで打ち勝つことが許され、また、あらゆる部族、民族、国語、国民を支配する権威を与えられた。


Rev 13:8 地に住む者で、ほふられた小羊のいのちの書に、世の初めからその名の書きしるされていない者はみな、彼を拝むようになる。

    
(1)反キリストは、聖徒たちを迫害する。

      ①さらに多くの殉教者たちが出る。

      ②黙6:11参照

      ③ユダヤ人も、異邦人の信者も迫害される。

    (2)反キリストによる世界統治

      ①政治的統治

      ②経済的統治

      ③宗教的統治

    (3)天と地の対比

      ①天にいる者たちは、神と小羊を礼拝する。

      ②地にいる者たちは、悪魔と反キリストを礼拝する。

    (4)救われる者の名は、永遠の昔から小羊のいのちの書に記されている。

      ①エペ1:4参照

      ②そうでない者は、悪魔と反キリストを礼拝するようになる。

Ⅳ.励ましのことば(9~10節)

  
1.9節

Rev 13:9 耳のある者は聞きなさい。

    
(1)黙2~3章の7つの教会への勧告と似ている。

Rev 2:7 耳のある者は御霊が諸教会に言われることを聞きなさい。

      ①ここでは、より簡単なことばになっている。

      ②教会はすでに携挙されている。

  
2.10節


Rev 13:10 とりこになるべき者は、とりこにされて行く。剣で殺す者は、自分も剣で殺されなければならない。ここに聖徒の忍耐と信仰がある。

    
(1)神の正義は必ず行われる。

      ①反キリスト、偽預言者、反キリストの手先は、燃える火の池に投げ込まれる。

    (2)聖徒たちは、神の正義がなることを確信して生きる。

      ①忍耐と信仰を保持するための根拠となる。

結論:反キリストはキリストの真似をする。

  1.キリストは神である。反キリストは、自らを神と宣言する。

    (1)ヨハ10:36


Joh 10:36
『わたしは神の子である』とわたしが言ったからといって、どうしてあなたがたは、父が、聖であることを示して世に遣わした者について、『神を冒涜している』と言うのですか。

    (2)2テサ2:4


2Th 2:4
彼は、すべて神と呼ばれるもの、また礼拝されるものに反抗し、その上に自分を高く上げ、神の宮の中に座を設け、自分こそ神であると宣言します。

  2.キリストは奇跡を行われた。反キリストはその真似をする。

    (1)マタ9:32~33

Mat 9:32 この人たちが出て行くと、見よ、悪霊につかれて口のきけない人が、みもとに連れて来られた。


Mat 9:33 悪霊が追い出されると、その人はものを言った。群衆は驚いて、「こんなことは、イスラエルでいまだかつて見たことがない」と言った。

    (2)マタ24:24


Mat 24:24 にせキリスト、にせ預言者たちが現れて、できれば選民をも惑わそうとして、大きなしるしや不思議なことをして見せます。

    (3)2テサ2:9~10

2Th 2:9 不法の人の到来は、サタンの働きによるのであって、あらゆる偽りの力、しるし、不思議がそれに伴い、


2Th 2:10 また、滅びる人たちに対するあらゆる悪の欺きが行われます。なぜなら、彼らは救われるために真理への愛を受け入れなかったからです。

  3.キリストは多くの王冠をかぶられる。反キリストは10の王冠をかぶる。

    (1)黙19:12


Rev 19:12 その目は燃える炎であり、その頭には多くの王冠があって、ご自身のほかだれも知らない名が書かれていた。

    (2)黙13:1


Rev 13:1
また私は見た。海から一匹の獣が上って来た。これには十本の角と七つの頭とがあった。その角には十の冠があり、その頭には神をけがす名があった。

  4.キリストは白い馬に乗られる。反キリストも白い馬に乗る。

    (1)黙19:11


Rev 19:11
また、私は開かれた天を見た。見よ。白い馬がいる。それに乗った方は、「忠実また真実」と呼ばれる方であり、義をもってさばきをし、戦いをされる。

    (2)黙6:2


Rev 6:2
私は見た。見よ。白い馬であった。それに乗っている者は弓を持っていた。彼は冠を与えられ、勝利の上にさらに勝利を得ようとして出て行った。

  5.キリストは復活された。反キリストも復活する。

    (1)マタ28:6


Mat 28:6 ここにはおられません。前から言っておられたように、よみがえられたからです。来て、納めてあった場所を見てごらんなさい。

    (2)黙13:3


Rev 13:3 その頭のうちの一つは打ち殺されたかと思われたが、その致命的な傷も直ってしまった。そこで、全地は驚いて、その獣に従い、

  6.私たちへの適用

    (1)反キリストの霊は、今も働いている。

    (2)それゆえ、常にすべての教理を吟味する必要がある。

    (3)聖書に親しんでいるなら、感覚的に非聖書的教理をキャッチすることができる。

    (4)その上で、厳密にみことばに照らして学べばよい。

週間アクセスランキング

1

ガラテヤ人への手紙(5)使徒たちの承認-キリストにある自由-

2

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

3

中川牧師の書斎から#010 「ウェブ時代のユダヤ教(1)」―デンマーク語の改訳聖書―

4

60分でわかる旧約聖書(23)イザヤ書

5

使徒の働き(6)―聖霊降臨―

6

ガラテヤ人への手紙(4)ー神から啓示された福音(2)ー

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.