Loading...

メシアの生涯(199)—十字架上での最後の3時間—

  • 2016.05.16
  • ヨハネ19章:28〜30
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

十字架での最後の3時間の意味について考えてみよう。

関連テーマ

テーマを全て見る

関連キーワード

キーワードを全て見る

「十字架上での最後の3時間」

ヨハ19:28~30

1.はじめに

  (1)文脈の確認

    ①午前9時から正午までの3時間

*人の怒りを体験する時間

②正午から午後3時までの3時間

*神の怒りを体験する時間

      ③今回は、最後の3時間について学ぶ。

    (2)A.T.ロバートソンの調和表

      §165 正午から午後3時までの3時間の暗闇

マコ15:33~37、マタ27:45~50、ルカ23:44~46、ヨハ19:28~30

2.アウトライン

  はじめに:暗闇

  (1)第4のことば

(2)第5のことば

  (3)第6のことば

  (4)第7のことば

  3.結論:

  (1)第4のことば

(2)第5のことば

  (3)第6のことば

  (4)第7のことば

十字架での最後の3時間の意味について考えてみよう。

はじめに:暗闇

  
1.マタ27:45、マコ15:33、ルカ23:44~45aに記録がある。

Luk 23:44 そのときすでに十二時ごろになっていたが、全地が暗くなって、三時まで続いた。

Luk 23:45 太陽は光を失っていた。

  2.考古学上の証拠

    (1)エジプトにいたギリシア人の科学者ディオニシウス

      ①彼は、ヘリオポリス(太陽の町)にいて暗闇を目撃した。

    (2)エジプトにいたギリシア人の科学者ディオゲネス

    「太陽が暗くなったが、それはまるで、神ご自身がその瞬間に苦しまれたか、あるい

は、苦しんでいる者に同情されたかのようであった」

(3)小アジア(トルコ)にいたギリシア人の歴史家フロゲオン

「それまで起きたことのないような驚くべき日食が起こった。正午ごろに、昼が、空

に星が輝く夜に変わった。ビテニアで大地震が起こり、多くの家が倒壊した」

  3.暗闇の意味

    (1)暗闇は、エジプトに下った10の裁きのひとつである。

Exo 10:22 モーセが天に向けて手を差し伸ばしたとき、エジプト全土は三日間真っ暗やみとなった。

    (2)メシアの上に神の怒りが注がれている。

      ①「この杯をわたしから過ぎ去らせてください」と祈った杯(マタ26:39)

    (3)イスラエルの民へのしるしである。

      ①彼らは、光である方を拒否した。

      ②それゆえ、神によって盲目にされた。

      ③ルカ22:53

Luk 22:53 あなたがたは、わたしが毎日宮でいっしょにいる間は、わたしに手出しもしなかった。しかし、今はあなたがたの時です。暗やみの力です」

Ⅰ.第4のことば

  
1.マタ27:46

Mat 27:46
三時ごろ、イエスは大声で、「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」と叫ばれた。これは、「わが神、わが神。どうしてわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。

    (1)最後の3時間の終わりに、このことばがイエスの口から発せられた。

      ①これは、メシア預言の成就である。

      ②イエスは、神の怒りの杯を飲んでおられる。

    (2)詩22:1

Psa 22:1 わが神、わが神。/どうして、私をお見捨てになったのですか。/遠く離れて私をお救いにならないのですか。/私のうめきのことばにも。

      ①イエスはこの詩篇をご自身に適用しておられる。

      ②マルコでは「エロイ、エロイ」となっている(アラム語)。

  2.マタ27:47

Mat 27:47 すると、それを聞いて、そこに立っていた人々のうち、ある人たちは、「この人はエリヤを呼んでいる」と言った。

    (1)周りの人たちは、イエスのことばの意味を理解できなかった。

      ①預言者エリヤを呼んでいると思った。

      ②ヘブル語で「エリ」は「エリヤ」の短縮形である。

Ⅱ.第5のことば

  
1.ヨハ19:28


Joh 19:28 この後、イエスは、すべてのことが完了したのを知って、聖書が成就するために、「わたしは渇く」と言われた。

    (1)イエスは、父なる神の怒りを受けておられる。

      ①イエスの意識は正常である。

    (2)生ける水を提供するお方が、十字架上で渇きを覚えられた。

      ①これは、パラドックス(逆説)である。

Ⅲ.第6のことば

  1.ヨハ19:29~30a

Joh 19:29
そこには酸いぶどう酒のいっぱい入った入れ物が置いてあった。そこで彼らは、酸いぶどう酒を含んだ海綿をヒソプの枝につけて、それをイエスの口もとに差し出した。

Joh 19:30 イエスは、酸いぶどう酒を受けられると、「完了した」と言われた。

    (1)「酸いぶどう酒」とは、鎮痛剤ではなく、飲用のワインビネガーである。

      ①イエスはそれを受けられた。

      ②最後の2つのことばを明瞭に発音するためである。

      ③ヒソプは、過越の祭りを連想させる。

      ④出12:22

Exo 12:22
ヒソプの一束を取って、鉢の中の血に浸し、その鉢の中の血をかもいと二本の門柱につけなさい。朝まで、だれも家の戸口から外に出てはならない。

    (2)「完了した」

      ①ギリシア語で「テテレスタイ」(負債は完済した)

      ②請求書に「テテレスタイ」というハンコが押されたパピルスが発掘されている。

      ③イエスは、罪の負債をすべて支払われた。

Ⅳ.第7のことば

  1.ルカ23:46とヨハ19:30b

Luk 23:46 イエスは大声で叫んで、言われた。「父よ。わが霊を御手にゆだねます。」こう言って、息を引き取られた。

Joh 19:30b そして、頭をたれて、霊をお渡しになった。

    (1)イエスは死の時をご自分で選ばれた。

      ①頭をたれた。

      ②霊をお渡しになった。

      ③通常は、死んでから頭をたれる。

    (2)「父よ」という呼びかけ

      ①父との関係が回復した。

結論:

  1.第4のことば

    (1)「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」

(わが神、わが神。どうしてわたしをお見捨てになったのですか)

  ①詩22:1の引用

  ②これは、絶望のことばではない。

  ③詩22篇の文脈からいうと、これは助けを求める叫びである。

(2)福音書では「父」という呼びかけが170回出てくる。

(3)「わが父」は21回出てくる。

(4)「わが神」という呼びかけは、ここだけである。

(5)イエスは、神の怒りの杯を飲んでおられる。

  ①これは、霊的死という杯である。

  ②霊的死とは、神との断絶である。

  ③イエスが罪となられた時、イエスの人間としての霊は父から切り離された。

(6)2コリ5:21


2Co 5:21 神は、罪を知らない方を、私たちの代わりに罪とされました。それは、私たちが、この方にあって、神の義となるためです。

(7)詩22:24


Psa 22:24
まことに、主は悩む者の悩みを/さげすむことなく、いとうことなく、/御顔を隠されもしなかった。/むしろ、彼が助けを叫び求めたとき、/聞いてくださった。

      ①イエスの祈りは、父なる神によって聞かれた。

      ②詩22篇の最後は、神への賛美で終わっている。

  2.第5のことば

    (1)「わたしは渇く」

    (2)イエスの体験を理解するために、金持ちとラザロの物語が参考になる。

    (3)ルカ16:22~24


Luk 16:22 さて、この貧しい人は死んで、御使いたちによってアブラハムのふところに連れて行かれた。金持ちも死んで葬られた。


Luk 16:23 その金持ちは、ハデスで苦しみながら目を上げると、アブラハムが、はるかかなたに見えた。しかも、そのふところにラザロが見えた。


Luk 16:24
彼は叫んで言った。『父アブラハムさま。私をあわれんでください。ラザロが指先を水に浸して私の舌を冷やすように、ラザロをよこしてください。私はこの炎の中で、苦しくてたまりません。』

      ①イエスは、罪人が受ける神の怒りを受けておられる。

  3.第6のことば

    (1)「完了した」

    (2)イエスは、罪の代価をすべて支払われた。

    (3)モーセの律法のいけにえは、罪を覆うだけのものであった。

      ①あるいは、分割払いで、完済するということがない支払であった。

    (4)コロ2:13~14


Col 2:13
あなたがたは罪によって、また肉の割礼がなくて死んだ者であったのに、神は、そのようなあなたがたを、キリストとともに生かしてくださいました。それは、私たちのすべての罪を赦し、


Col 2:14
いろいろな定めのために私たちに不利な、いや、私たちを責め立てている債務証書を無効にされたからです。神はこの証書を取りのけ、十字架に釘づけにされました。

  4.第7のことば

    (1)「父よ。わが霊を御手にゆだねます」

    (2)「父よ」という呼びかけのことば

      ①イエスは、霊的に復活された。

②父との関係が完全に回復された。

    (3)イエスは、肉体的死と復活の前に、霊的死と復活を経験された。

週間アクセスランキング

1

使徒の働き(71)―エペソでの奉仕―

2

「自由、希望、誇り」

3

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

4

使徒の働き(70)―12人の弟子たちの救い―

5

60分でわかる新約聖書(8)コリント人への手紙第二

6

60分でわかる旧約聖書(24)エレミヤ書

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.