ヨハネの福音書(11)第3のしるしヨハ5:1~18

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

2度目のエルサレム訪問について学ぶ。

ヨハネの福音書(11)

第3のしるし

ヨハ5:1~18

1.文脈の確認

(1)前書き(1:1~18)

(2)イエスの公生涯(1:19~12:50)

  ①公生涯への序曲(1:19~51)

  ②初期ガリラヤ伝道(2:1~12)

  ③最初のエルサレム訪問(2:13~3:36)

  ④サマリア伝道(4:1~42)

  ⑤ガリラヤ伝道の再開(4:43~54)

  ⑥2度目のエルサレム訪問(5:1~47)

2.注目すべき点

(1)1~4章は、イエスの奉仕を外側から描写している。

(2)5~10章は、イエスの内面を描写している。

(3)1~4章は、ユダヤ、サマリア、ガリラヤでの個人に対する奉仕の記録。

(4)5~10章は、パリサイ人たちとの論争の記録。

(5)第1と第2のしるしは、個人に対するものである。

(6)第3と第4のしるしは、公の場で行われるものである。

(7)5~10章で、信仰と不信仰の亀裂が深まる。

3.アウトライン:2度目のエルサレム訪問

(1) 第3のしるし(5:1~9)

(2)パリサイ人たちの敵意(5:10~18)

(3)父と子は同等(5:19~29)

(4)父の証言(5:30~47)

4.結論

(1)祭りの名前が出てくる箇所

(2)5:1の祭り

(3)5章の病人と9章の盲人の対比

2 度目のエルサレム訪問について学ぶ。

Ⅰ.第3のしるし(5:1~9)

1.1節

Joh 5:1 その後、ユダヤ人の祭りがあって、イエスはエルサレムに上られた。

(1)イエスは、祭りを祝うためにエルサレムに上られた。

  ①ヨハネは、どの祭りであるかを明確にしていない。

  ②ここでのイエスの奇跡と教えは、特定の祭りと関係したものではない。

  ③ヨハネは、イエスがエルサレムに戻ったという情報だけを伝えている。

2.2節

Joh 5:2

エルサレムには、羊の門の近くに、ヘブル語でベテスダと呼ばれる池があり、五つの回廊がついていた。

(1)「羊の門」

  ①エルサレムの北東にある門(現在のライオン門)

  ②この門から、いけにえの羊を運び入れたので、この名が付いた。

  ③ヨハネは、「歴史的現在形」を用いている。

  ④ヨハネがこれを書いたときには、エルサレムは崩壊していた。

(2)「ベテスダと呼ばれる池」

  ①現在の聖アンナ教会の敷地内にあった池

  ②縦約90m、横約66m(50m)

  ③「五つの回廊」があった。4辺+中央の仕切りで、5つとなる。

3.3~5節(4節は後代の付加)

Joh 5:3

その中には、病人、目の見えない人、足の不自由な人、からだに麻痺のある人たちが大勢、横になっていた。

Joh 5:5 そこに、三十八年も病気にかかっている人がいた。

(1)古代には、癒やしの宮(神殿)というものが多く存在していた。

  ①代表的なものは、アスクレピアス(アポロの息子)の神殿である。

  ②癒やしを受ける条件は、隣接する泉や湧き水で身を清めること。

  ③この箇所では、イエスが癒やしの宮以上の方であることが証明される。

(2)肉体的癒やしを待つ人々が大勢そこに伏せっていた。

  ①彼らは、水が動くのを待っていたのである。

  ②恐らく、間欠泉があったのであろう。

(3)「三十八年も病気にかかっている人がいた」

  ①イスラエルの荒野の放浪期間にほぼ等しい。

  ②当時の平均寿命以上の年数である。

  ③古代の癒やし物語は、病気の年数によって、その素晴らしさを表現した。

4.6~7節

Joh 5:6

イエスは彼が横になっているのを見て、すでに長い間そうしていることを知ると、彼に言われた。「良くなりたいか。」

Joh 5:7

病人は答えた。「主よ。水がかき回されたとき、池の中に入れてくれる人がいません。行きかけると、ほかの人が先に下りて行きます。」

(1)イエスは、最も悲惨な人を選んだのであろう。

  ①イエスの目がその人に注がれた。

  ②イエスは、群衆の中にいる個人に目をとめられる。

    *ニコデモ、サマリアの女、王室の役人

  ③イエスの知識

    *超自然的なものなのか。

    *観察によるものなのか。

    *あるいは、噂を聞いたのか。

(2)イエスはなぜ、「よくなりたいか」と質問したのか。

  ①病人は、回復への意欲を失うことがある。

  ②さらに、病気の状態に逃げ込むこともある。

  ③この質問には、病人に希望の灯をともす力がある。

(3)彼の回答は、その心の状態を映し出すものである。

  ①彼は、「イエス」、「ノー」で答えていない。

  ②彼は、癒やされない理由を述べている。

  ③彼は、他者への批判のことばを語っている。

  ④責任転嫁が彼の習い性になっていた。

5.8~9節

Joh 5:8 イエスは彼に言われた。「起きて床を取り上げ、歩きなさい。」

Joh 5:9すると、すぐにその人は治って、床を取り上げて歩き出した。
/ところが、その日は安息日であった。

(1)イエスは、自分で行動を起こすように命じた。

  ①イエスの癒やしは、肉体だけでなく、内面の癒やしも含む。

  ②ここでは、癒やしを受ける側の信仰は問われていない。

    *公生涯の後半に入ると、信仰が癒やしの条件になってくる。

(2)「すると、すぐにその人は治って、床を取り上げて歩き出した」

  ①神のことばに従うなら、神はそのことばを通して働かれる。

  ②その人の筋肉はすぐに回復された。

  ③この癒やしは、イエスのメシア性を証明する奇跡である。

    *イザ35:1~7(足の萎えた者の癒やし)

  ④エルサレム中の人たちは、この奇跡を目撃することができた。

  ⑤イエスがこの人を選んだ理由は、そのことなのかもしれない。

(3)「ところが、その日は安息日であった」

  ①安息日について(出20:8~11)

    *安息日は、休息の日である。

    *安息日は、【主】に感謝する日である。

    *安息日は、自由の民となったことを記念する日である。

  ②口伝律法による安息日の理解

    *イエス時代には、安息日の規定が1500以上も存在した。

    *安息日は、ユダヤ教の初期の段階で、擬人法化された。

    *安息日は、「ヤハウェの女王」であり、「イスラエルの花嫁」である。

  ③イエス時代のパリサイ人の教え

    *すべてのユダヤ人が安息日を完全に守ったなら、メシアが来られる。

  ④イエスとパリサイ人の論争が起こるのは、当然のことである。

Ⅱ.パリサイ人たちの敵意(5:10~18)

1.10~11節

Joh 5:10

そこでユダヤ人たちは、その癒やされた人に、「今日は安息日だ。床を取り上げることは許されていない」と言った。

Joh 5:11

しかし、その人は彼らに答えた。「私を治してくださった方が、『床を取り上げて歩け』と私に言われたのです。」

(1)「きょうは安息日だ。床を取り上げることは許されていない」

  ①ユダヤ人たちとは、宗教的指導者たちのこと。

  ②反発の理由は、その人が安息日の規定に違反したから。

    *彼らは、癒やされた人を見るのではなく、律法違反に目をとめた。

  ③安息日に、物をある領域から別の領域に運ぶことは禁じられていた。

    *公の場から私的場へ、私的場から公の場へ

    *この場合は、私的場から公の場に運ばれた。

    *特に、床を運ぶことは厳しく禁じられた。

(2)この人は、死の危険に直面した。

  ①彼は、言い逃れのことばを語った。

  ②自分を癒やしてくれた方に、責任をなすりつけている。

2.12~13節

Joh 5:12

彼らは尋ねた。「『取り上げて歩け』とあなたに言った人はだれなのか。」

Joh 5:13しかし、癒やされた人は、それがだれであるかを知らなかった。群衆がそこにいる間に、イエスは立ち去られたからである。

(1)この人は、イエスに関する知識が全くない。

  ①この癒やしは、一方的な恵みによるものである。

  ②肉体の癒やしは起こったが、魂の癒やしは起こっていない。

3.14~15節

Joh 5:14

後になって、イエスは宮の中で彼を見つけて言われた。「見なさい。あなたは良くなった。もう罪を犯してはなりません。そうでないと、もっと悪いことがあなたに起こるかもしれない。」

Joh 5:15

その人は行って、ユダヤ人たちに、自分を治してくれたのはイエスだと伝えた。

(1)イエスがこの人を見つけてくださった。

  ①イエスは、魂の癒やしを与えようとしている。

(2)「もう罪を犯してはなりません。そうでないと、もっと悪い事があなたに起

こるかもしれない」

  ①「罪を犯し続けてはなりません」という意味である。

  ②一般的な意味で、罪は病と死の原因である。

  ③しかし、特定の病を罪の結果と言ってはならない。

  ④この人は、癒やされてからも罪を犯し続けていた。

  ⑤この人に、イエスからの警告が与えられた。

    *38年の病気以上の悪いこととは、永遠の苦しみのことである。

(3)この人は、ユダヤ人たちに密告した。

  ①感謝の思いから出たことではなく、これは、責任逃れたための行為である。

4.16~17節

Joh 5:16

そのためユダヤ人たちは、イエスを迫害し始めた。イエスが、安息日にこのようなことをしておられたからである。

Joh 5:17

イエスは彼らに答えられた。「わたしの父は今に至るまで働いておられます。それでわたしも働いているのです。」

(1)反発の矛先はイエスに向かう。

  ①安息日に癒やしを行った。

  ②癒やされた人に、床を運ばせた。

(2)「わたしの父は今に至るまで働いておられます。ですからわたしも働いてい

るのです」

  ①確かに神は、天地創造の後も、宇宙の運行を支えておられる。

  ②すべての生き物は、神によってその命が保たれている。

(3)イエスは、神を「わたしの父」と呼ばれた。

  ①ユダヤ人たちは、神を「私たちの父」を呼んだ。

  ②「わたしの父」という呼びかけは、父と対等であるという意味である。

  ③これは、イエスの神性宣言である。

  ④ユダヤ的理解では、長子は父と同格と見なされる。

  ⑤ユダヤ人の指導者たちは、それを理解した。

  ⑥「イエスは、自分が神だと言ったことはない」というのは嘘である。

5.18節

Joh 5:18

そのためユダヤ人たちは、ますますイエスを殺そうとするようになった。イエスが安息日を破っていただけでなく、神をご自分の父と呼び、ご自分を神と等しくされたからである。

(1)イエスに対する殺意が、初めて登場する。

  ①安息日違反

    *イエスがメシアであるなら、安息日を守るはずである。

  ②神への冒涜

    *神を自分の父と呼んだ。

結論

1 .祭りの名前が出てくる箇所

(1)2:13(過越の祭り)→十字架の死と復活への言及

(2)6:4(過越の祭り)→パンの奇跡

(3)7:2(仮庵の祭り)→聖霊傾注の預言

(4)10:22(宮きよめの祭り)→ユダヤ人の霊性は冬の状態

(5)11:55(過越の祭り)→神の子羊イエス

2.5:1の祭り

(1)どの祭りかは重要な要素ではない。

(2)重要な真理

  ①イエスは、メシアとしての奇跡を行われた。

  ②イエスは、父と同じように安息日でも働きを継続される。

  ③イエスは、自分と神と等しいとされた。

3.5章の病人と9章の盲人の対比

(1)古代文学には、対比によって論点を鮮明にするという特徴がある。

(2)共通点

  ①ともに、癒しを受けた。

  ②ともに、恵みによる癒しであった。

  ③ともに、イエスによって見い出された。

(3)相違点

  ①5章の病人は、癒しを受けただけで、信仰に至っていない。

    *責任転嫁

*イエスから警告を受けた。

    *その後で、イエスについて密告している。

  ②9章の盲人は、信仰に至っている。

    *事実を証言し、そのための犠牲を払っている。

    *その後、イエスに見い出された。

    *ヨハ9:35~38

Joh 9:35

イエスは、ユダヤ人たちが彼を外に追い出したことを聞き、彼を見つけ出して言われた。「あなたは人の子を信じますか。」

Joh 9:36

その人は答えた。「主よ、私が信じることができるように教えてください。その人はどなたですか。」

Joh 9:37

イエスは彼に言われた。「あなたはその人を見ています。あなたと話しているのが、その人です。」

Joh 9:38 彼は「主よ、信じます」と言って、イエスを礼拝した。

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(30)復活(4)―奥義―15:50~58

2

コリント人への手紙第一(29)復活(3)―からだの復活―15:35~49

3

Q401 神学編 新約聖書における旧約聖書の引用法。

4

60分でわかる旧約聖書(22)雅歌

5

ヨハネの福音書(11)第3のしるしヨハ5:1~18

6

Q400 ダビデとバテ・シェバの子はなぜ死んだのか。

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.