コリント人への手紙第一(22)御霊の賜物(2)―一致と多様性(1)―12:4~14

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

御霊の賜物の多様性について学ぶ。

コリント人への手紙第一 22回

御霊の賜物(2)

―一致と多様性(1)―

12 :4~14

はじめに

1.文脈の確認

  (1) 結婚に関する教え(7:1~40)

  (2)偶像に献げられた肉(8:1~11:1)

  (3)女のかぶり物(11:2~16)

  (4)聖餐式(11:17~34)

  (5)御霊の賜物(12~14)

    ①御霊による信仰告白(12:1~3)

    ②一致と多様性(12:4~31)

    ③愛の優位性(13:1~13)

    ④異言よりも預言(14:1~25)

    ⑤正しい賜物の行使(14:26~40)

2.注目すべき点

  (1)コリント教会の礼拝に混乱をもたらした3つの要因

①女のかぶり物、②聖餐式、③御霊の賜物

    (2)御霊の賜物が最も深刻な問題である。

      ①パウロは、14章で異言の問題を取り上げる。

②その前に、御霊の賜物全般について解説する。

    (3)12~14章の内容(A-B-Aというパターンが見られる)

      ①12章―総論的な説明

      ②13章―神学的な挿入句

      ③14章―問題の是正

3.アウトライン(一致と多様性)

(1)一つの御霊と多様な賜物(4~11節)

  (2)一つのからだと多様な部分(12~14節)

  (3)たとえの適用(15~26節)

  (4)多様性の再確認(27~31節)

  4.結論:聖霊のバプテスマについて

御霊の賜物の多様性について学ぶ。

Ⅰ.一つの御霊と多様な賜物(4~11節)

  1.4~7節

1Co 12:4 さて、賜物はいろいろありますが、与える方は同じ御霊です。

1Co 12:5 奉仕はいろいろありますが、仕える相手は同じ主です。

1Co 12:6

働きはいろいろありますが、同じ神がすべての人の中で、すべての働きをなさいます。

1Co 12:7 皆の益となるために、一人ひとりに御霊の現れが与えられているのです。

    (1)三位一体の神の中に一致が存在する。

①同じ御霊が多様な賜物を与える。

②主(メシア)が御霊の賜物に従ってその人をいろいろな職責に任命する。

③父なる神が、賜物の行使を可能にする。

    (2)三位一体の神は、多様性と一致のモデルである。

①御霊の賜物に関しても、多様性と一致が存在する。

    (3)御霊の賜物は、ギリシア語で「カリスマ」である。

①恵み

②恵みによる賜物

③恵みであるがゆえに、人間の努力によって得られるものではない。

④御霊の賜物は、奉仕のために神から与えられた能力である。

      ⑤御霊の賜物は、その人の霊性の指標となるものではない。

    (4)コリントの信者たちは、異言を重視していた。

      ①一致とは、同じ賜物を持つことからくるのではない。

      ②一致とは、同じ御霊を持つことからくるのである。

    (5)教会の中には、多様な奉仕があり、各人が異なった奉仕をしている。

      ①一致とは、同じ主に仕えるということからくる。

      ②一致とは、同じ神がすべての人の中で働いているということからくる。

      ③各人には、なんらかの御霊の賜物が与えられている。

      ④その賜物は、自分を誇示するためではなく、全体の益になるためのものである。

      ⑤自然な流れで、御霊の賜物がリストアップされる。

  2.8~10節

1Co 12:8

ある人には御霊を通して知恵のことばが、ある人には同じ御霊によって知識のことばが与えられています。

1Co 12:9

ある人には同じ御霊によって信仰、ある人には同一の御霊によって癒やしの賜物、

1Co 12:10

ある人には奇跡を行う力、ある人には預言、ある人には霊を見分ける力、ある人には種々の異言、ある人には異言を解き明かす力が与えられています。

    (1)知恵のことば

      ①学んだ霊的真理を、具体的状況に適用する能力である。

    (2)知識のことば

      ①霊的な知識に関する賜物である。

      ②みことばを理解し、それを体系化する(関連付ける)賜物である。

      ③賜物は複合的なものである(知識のことばと教える賜物)。

    (3)信仰

①救いに必要な信仰は、すべての信者が持っている。

②ここでの信仰とは、いかなる場合でも疑いなく神を信頼することである。

③信仰の偉人たちは、この賜物を持っていた。

    (4)癒やしの賜物

①「癒し」(複数形)の「賜物」(複数形)

②この賜物は、与えられたり、取り去られたりする。

③癒やしを受ける側の信仰は問題にならない。

*使3:1~8、9:32~34、36~42、20:9~12、28:8

    (5)奇跡を行う力

①「奇跡」(複数形)を行う「力」(複数形)

②癒やしの賜物と同じように、永続性はない。

    (6)霊を見分ける力

①一般的に信者はみことばに照らし合わせて、霊を吟味する必要がある。

②この賜物は、教え(問題)の源が悪霊的なものかどうかをただちに見分ける。

    (7)異言

①学んだことのない言語を話す能力である。

②話している本人には意味が分からないが、それでもそれは実在の言語である。

③使2章では、この賜物を受けた者たちは、他国の言葉で福音を語り出した。

④離散の地から来たユダヤ人たちは、自分たちの国言葉で福音を聞いた。

    (8)異言を解き明かす力

①使2章では、この賜物は必要なかった。

②単一言語の会衆の中では、この賜物が、異言の賜物を行使する条件となる。

  3.11節

1Co 12:11同じ一つの御霊がこれらすべてのことをなさるのであり、御霊は、みこころのままに、一人ひとりそれぞれに賜物を分け与えてくださるのです。

    (1)誤解からの解放

      ①同じ一つの御霊が、多様な賜物を分け与えてくださる。

      ②御霊は、それぞれの信者に、なんらかの賜物を分け与えてくださる。

      ③信者は、自分に与えられている賜物を誇ることができない。

      ④信者は、他者に与えられている賜物を妬むことができない。

Ⅱ.一つのからだと多様な部分(12~14節)

  1.12節

1Co 12:12

ちょうど、からだが一つでも、多くの部分があり、からだの部分が多くても、一つのからだであるように、キリストもそれと同様です。

    (1)人間のからだとキリストのみからだ(教会)の類似性

      ①からだは一つであるが、多くの部分がある。

      ②多くの部分があっても、一つのからだである。

      ③教会も、それと同じである。

      ④教会は一つであるが、部分は多くある。

      ⑤神の愛は、みからだ(教会)を通して、この世に示される。

  2.13~14節

1Co 12:13

私たちはみな、ユダヤ人もギリシア人も、奴隷も自由人も、一つの御霊によってバプテスマを受けて、一つのからだとなりました。そして、みな一つの御霊を飲んだのです。

1Co 12:14

実際、からだはただ一つの部分からではなく、多くの部分から成っています。

    (1)信者が一つのからだとなる方法

      ①ユダヤ人もギリシア人も、奴隷も自由人も、同じ方法で一つのからだとなった。

      ②一つの御霊によってバプテスマを受けた。

        *水のバプテスマではない。

      ③みな一つの御霊を飲んだ。

        *聖霊の内住のことである。

    (2)からだは、多くの部分がなければ成り立たない。

      ①みからだもそれと同じで、多くの奉仕がなければ成り立たない。

      ②同じ御霊の賜物を求めるなら、教会は成り立たない。

結論:聖霊のバプテスマ

  1.1コリ12:13

1Co 12:13

私たちはみな、ユダヤ人もギリシア人も、奴隷も自由人も、一つの御霊によってバプテスマを受けて、一つのからだとなりました。そして、みな一つの御霊を飲んだのです。

  2.聖霊のバプテスマは、ペンテコステ以降の祝福である。

  (1)旧約聖書にはそれへの言及がない。

(2)バプテスマのヨハネは、自分のバプテスマと聖霊のバプテスマを区別した。

(3)キリストは、昇天前に、信者が聖霊のバプテスマを受けることを預言した。

(4)聖霊のバプテスマは、教会の誕生とともに始まった。

  3.聖霊のバプテスマということばの意味は、キリストとの一体化である。

(1)聖霊のバプテスマは、キリストを信じた瞬間に起こる。

(2)バプテスマの本来的意味は、一体化である。

(3)聖霊のバプテスマとは、信者がキリストと一体化し、教会に加えられることである。

(4)従って、真のクリスチャンは皆、聖霊のバプテスマを受けている。

(5)信者をキリストと一体化させるのは、聖霊の働きである。

  4.歴史上、聖霊のバプテスマのしるしとして異言が与えられることがあった。

  (1)ユダヤ人、サマリア人、異邦人、バプテスマのヨハネの弟子たち

  (2)これらの出来事は、福音の普遍性を証明するために起こった。

  (3)歴史上起こったことを、普遍的教理として教えてはならない。

  (4)異言の賜物は、今も一部の人たちに与えられている。

  (5)聖霊のバプテスマを受けたときに、異言で語りだすわけではない。

(6)真に救われている人は全員、聖霊の働きによって、キリストと一体化している。

(7)異言の賜物が与えられていない人は、別の賜物を与えられている。

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(25)御霊の賜物(5)―異言よりも預言―14:1~25

2

コリント人への手紙第一(24)御霊の賜物(4)―愛の優位性―13:1~13

3

使徒の働き(6)―聖霊降臨―

4

メシアの生涯(44)—12使徒の選抜‐ペテロ‐—

5

イスラエル旅2023#061中川牧師とめぐる旅:【エイン・フェシュカ】死海に魚がいる?!

6

Q395 神学編 解釈学のゴールとは。

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.