Q390 パワースポットは存在しますか。

  • 2024.04.11
  • スピーカー 中川健一
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

390 パワースポットは存在するか

Q:パワースポットについて、聖書はなんと言っていますか。

A:はじめに

 最近は、ネット上でパワースポットに関する話題が増えているように感じます。このテーマに関して、いつものように3つ申し上げます。

1番目に、パワースポットの定義です。

(1)「癒しや霊的力をもたらすポジディブなエネルギーが満ちている場所」

(2)悪霊やネガティブな存在がいるというイメージは、一般的ではありません。

2番目に、パワースポットの定義に当てはまるような場所は、無数にあります。

(1)大自然の中に身を置くと、心身ともにリフレッシュします。

(2)その場所をパワースポットと呼ぶ必要はありません。

(3)被造世界は、神の栄光を表しています。

(4)「神の、目に見えない性質、すなわち神の永遠の力と神性は、世界が創造されたと

きから被造物を通して知られ、はっきりと認められるので、彼らに弁解の余地はありま

せん」(ロマ1:20)

(5)自然を通して力を得ることができるのは、そこに神の栄光が表れているからです。

(6)このような体験は、推奨されるべきものです。

3番目に、神秘的な体験を求めてパワースポットに行くのは、危険なことです。

(1)聖書は、パワースポットの存在に関して、何も語っていません。

(2)特定の場所に行くと霊的エネルギーが満ちているという教えもありません。

(3)また、ある場所では悪霊が活発に働いているという教えもありません。

  ①悪霊は、どこでも活発に動いています。

(4)神秘的な体験を求めてパワースポットに行くのは、悪霊に心を開くことです。

癒しの力や生きるための力は、神から与えられるものです。

「3分でわかる聖書」一覧へ

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(25)御霊の賜物(5)―異言よりも預言―14:1~25

2

コリント人への手紙第一(24)御霊の賜物(4)―愛の優位性―13:1~13

3

使徒の働き(6)―聖霊降臨―

4

メシアの生涯(44)—12使徒の選抜‐ペテロ‐—

5

イスラエル旅2023#061中川牧師とめぐる旅:【エイン・フェシュカ】死海に魚がいる?!

6

Q395 神学編 解釈学のゴールとは。

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.